敗者の条件 (中公文庫)

著者 : 会田雄次
  • 中央公論新社 (2007年2月1日発売)
3.53
  • (5)
  • (10)
  • (20)
  • (1)
  • (0)
  • 154人登録
  • 18レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122048188

敗者の条件 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 勝つ方法の前に負けぬ方法を知ること。
    書店に行けば経営や営業、コミュニケーションの必勝法の本が所狭しと並べられている。
    しかし負けないため(だけの)方法についての本は少ない。方法というより気持ちの持ち方。今風に言うならメンタリティー。作中では何度かマキャヴェリの「一旦反抗し、自分が処分した人間は二度と容れるなかれ」の言葉が出てくる。なんて耳障りの悪い。後味の悪い言葉。売れる本の殆どが、ヒューマニズムについて語っているというのに。でもそれは絶望的な言葉ではなく、ゆとりと呼ばれる私にとっては、今生きている自由競争社会のなんたるかを示すものであり、また、本当のヒューマニズムとは何かを示すものものでもある、指針のようなものに感じられた。作中では戦国時代の武将を例に出しているため、共感しにくい部分もあるが、今も昔も変わらない競争原理ということなのだろう。

  • こういう歴史書は初めて読んだがとても面白い。俯瞰的な視点から歴史上の人物を解説している。

  • ヨーロッパの中世と日本の戦国時代を比較する。人間性が疑われるような残酷さは共通している。歴史は似通うものだということか。
    これは面白い。

  • ■書名

    書名:敗者の条件
    著者:会田 雄次

    ■概要

    『アーロン収容所』で知られる西洋史家が専門のルネサンス史の視
    点からヨーロッパ流の熾烈な競争原理が支配した戦国武将の世界を描く。
    (From amazon)

    ■気になった点

    なし

  • タイトルは敗者の条件ですが、戦国時代の日本や中世ヨーロッパの極限状態の中での支配者の心理分析といった内容でした。こういう極限状態では、信じれるのは自分だけ(自分にとって不利になる者を抹殺する)といった状態や油断や慢心が命取りになるということ、あとは異性に溺れると自分を見失い命取りになるということで、反面教師として真のリーダー像とは何かを解説しており、それを肯定しているのか否定しているのかは分かりませんでした。でも、個人的には共感しかねる内容でした。
    現代にこのようなリーダーが出てきたらどうなるのだろうか?と考えてみましたが、和や協調、平和という日本人の美徳とは真逆の精神論のような気がして、現代にはそぐわないような気がしますし、このような人は社会から排除されると思いたいのですが競争社会の中で生き残るにはこのような精神は必要なのかもしれません。

  • 80年代の本を読んでいるとたまに人口に触れられて当時30億人しか人間いなかったのかと毎回思う

  • 資料ID:92131932
    請求記号:080||C||あ-1-5

  • 久しぶりに読んだ。
    世間一般とは視点の違うものを読むのは楽しい。
    黒田官兵衛についてはこの本で知った。

  • アーロン収容所の著者で有名な会田雄次さんの本。氏の専門は西洋史だが、本書は日本の戦国期を扱っている。やはり、視点が違う。生き残ることに関して、考えさせられる話が多かった。

  • 戦国時代の武将に使えたあまり知られていない敗者の立ち回り方を紹介し、なぜ敗者になったのか、を解説する本。
    とても興味深いが、戦国時代の勝者である武将、織田、豊臣、家康の3人の関係や、有名な合戦などについてよく知らないと,曖昧な理解で終わってしまう。登場する敗者は、日本史の教科書にはほぼ出てこない無名人ばかり。歴史好きにはとてもおもしろい本だと思う。

全18件中 1 - 10件を表示

敗者の条件 (中公文庫)のその他の作品

会田雄次の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
伊賀 泰代
ウォルター・アイ...
池井戸 潤
シーナ・アイエン...
ウォルター・アイ...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

敗者の条件 (中公文庫)はこんな本です

敗者の条件 (中公文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする