無言殺剣 獣散る刻 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.67
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122048508

作品紹介・あらすじ

伊賀者の襲撃をかいくぐり、美濃郡上の照月寺に入った音無黙兵衛一行。堅固な構えを誇る大寺で、道中に毒矢を受けた初美の介抱がつづく。寺を包囲する伊賀者を退け、門前に姿を現したのは、かつて黙兵衛と死闘を演じた久世家剣術指南役・横山佐十郎だった。書き下ろしシリーズ第六弾。第一部完結。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シリ^-ズ最終巻
    ライバルをうまく育てたなと思っていたら
    最後の対決で死亡します(あたりまえ)

  • 無言殺剣シリーズ⑥第1部完結。
    初美を郡上のお寺まで避難させ、横山佐十郎との決戦。
    個人的に野生に返る前の佐十郎が好きだったので、臭くて野生化した佐十郎は微妙だったんですが、やっぱり強くてかっこいい。
    戦いの描写がとてもうまいので、とても鮮明に想像できる。
    佐十郎が最後気を抜いてしまって死ぬところなんかもスローモーションで脳内再生できてしまいました。

全2件中 1 - 2件を表示

無言殺剣 獣散る刻 (中公文庫)のその他の作品

鈴木英治の作品

ツイートする