北里柴三郎(下)―雷と呼ばれた男 (中公文庫 や 32-3)

著者 :
  • 中央公論新社
4.67
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (340ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122049291

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 伝記です。自伝じゃありません。 研究に向かうその姿勢がやはり並ではありません。これまで偉大な結果を残してきた人物は総じてそうなのかもしれませんが、意志力、芯の強さが本当に驚異的です。もちろん、一人の力ではなく、福沢諭吉やその腹心で北里を経営面で支えた人物、同郷の出身で北里を引き上げた人物さらに色々な面でお互いを刺激し合ったであろう森鴎外など周囲の人々の助力によるものがあると感じます。しかしこのような環境を作るのはおそらく北里自身の強い人物像なのでしょう。決して聖人君子ではありませんが、人情味あふれ雷親父といわれる当たり、非常に好意的に見ることができました。 現在研究をしていると身としては非常に、自分への励ましになり、刺激になります。日本人としては、このような偉大な先人がノーベル賞を受賞できなかったことは残念です。現代を北里が眺めたらどう感じるのか聞いてみたいものです。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

山崎 光夫(ヤマザキ ミツオ)
作家
1947年福井市生まれ。早稲田大学卒業。TV番組構成業、雑誌記者を経て、小説家となる。1985年『安楽処方箋』で小説現代新人賞を受賞。特に医学・薬学関係分野に造詣が深く、この領域をテーマに作品を発表している。主な著書として、『ジェンナーの遺言』『精神外科医』『ヒポクラテスの暗号』『サムライの国』『風雲の人 小説・大隈重信青春譜』『開花の人 福原有信の資生堂物語』『薬で読み解く江戸の事件史』『小説 曲直瀬道三』など多数。1998年『藪の中の家 芥川自死の謎を解く』で第17回新田次郎文学賞を受賞。「福井ふるさと大使」も務めている。

「2020年 『小説 北里柴三郎 ドンネルの男』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山崎光夫の作品

ツイートする
×