ドビュッシー―想念のエクトプラズム (中公文庫)

  • 中央公論新社
3.55
  • (3)
  • (7)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 73
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (407ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122050020

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ドビュッシーの曲のイメージとは異なる人生で、驚いた。

  •  ピアニストでもある青柳いづみこ「ドビュッシー~想念のエクトプラズム~」(東京書籍 1998―>中公文庫 2008)は、ドビュッシー音楽を聴くうえでの必読書だ。フランス世紀末のデカダン風味満載で、ボードレールやマラルメなどの名が親しみ深く感じられさえする。オカルティズムも出てくるが、一般人に読みやすくアレンジされているのも嬉しい(元は学位論文に手を加えたものだ)。
     「アッシャー言語」というネーミングさえも出てくるのだが・・・。今年は、ドビュッシー生誕150周年にあたる。

  • 2009年11月22日購入

  • 丁寧に調査して書かれた本は読んでいて嬉しくなる。オカルティスト、ドビュッシーについて知りたい方は本書へ。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

ピアニスト、文筆家。ドビュッシーの権威。大阪音楽大学教授。著書に『翼のはえた指 評伝安川加壽子』など。吉田秀和賞、日本エッセイスト・クラブ賞、講談社エッセイ賞など受賞。

「2018年 『高橋悠治という怪物』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ドビュッシー―想念のエクトプラズム (中公文庫)のその他の作品

青柳いづみこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
ウィトゲンシュタ...
安部 公房
三島 由紀夫
三島 由紀夫
チャールズ・ロー...
梶井 基次郎
ポール・オースタ...
川端 康成
安部 公房
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする