惜別の海〈中〉 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.50
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :10
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (390ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122050891

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 千利休の「利休百回記」の存在や豊臣政権の中で置かれた位置などから自分の死期を予測できる病を持っていた。秀吉に卑屈に命乞いをすれば生涯をかけて大成した茶湯がおとしめられるからだ、というのは頷ける感じがした。朝鮮出陣の為に、玄海灘を臨む佐賀県唐津市の東松浦半島に突貫工事で作られた名護屋城。日本全土から百を越す諸大名や諸将が集まり陣所をもうけた凄まじい状況が目に浮かぶ。権勢欲と征明計画という誇大妄想を実行しようとしてる秀吉を止められる人はもう誰もいなかったというのが不幸だ。この混乱に乗じて人買で儲けようと企む以蔵のような人達も実際に沢山いたのだろうと思う。

  • 滋賀などを舞台とした作品です。

全2件中 1 - 2件を表示

惜別の海〈中〉 (中公文庫)のその他の作品

澤田ふじ子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

惜別の海〈中〉 (中公文庫)はこんな本です

惜別の海〈中〉 (中公文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする