自民党抗争史―権力に憑かれた亡者たち (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122051522

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • <内容>
    自民党幹事長室の事務局長として長年勤めた奥島氏の回想録。
    筆者が指摘している「小泉純一郎ー福田赳夫」の根強い系譜と郵政改革(田中派の牙城)は密接に繋がっているという議論は興味深かった。

  • 本書は吉田茂から小泉純一郎までの自民党総裁選をふりかえった本である。著者は元自民党幹事長室室長。間近からみた政治家の横顔は興味深い。 それにしても連年、政治家が小粒になっている気がする。

  • 9784122051522 282p 2009・5・25 初版

全3件中 1 - 3件を表示

自民党抗争史―権力に憑かれた亡者たち (中公文庫)のその他の作品

奥島貞雄の作品

ツイートする