ミーナの行進 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.96
  • (187)
  • (236)
  • (142)
  • (27)
  • (4)
本棚登録 : 1819
レビュー : 204
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122051584

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイトルから勝手に、本当に勝手に、猫の話だろうと誤解していたら、動物はたくさん出てきたが、猫は一匹も出てこなかったという・・・。

    それは差し置いても素晴らしい評価を受けている作品、だというのは理解できるのだが、私には合わなかった。
    小川氏の作品であればもう少し、毒があるのかなというイメージがあったのだが、少し拍子抜け。確かに伯父さんの不在の理由や、タバコと酒に溺れながらひたすら誤植を探すおばさんの姿などダークな部分ではあったのだけど、その他のカバのポチ子の話やマッチ箱の話で印象が薄まってしまった。
    しかし、山火事が起こって「念のため」とは言え、みんなで避難したとき、誰もポチ子のことを言いださなかったのが疑問。案の定・・・だし。

    全体的にとてもわくわくするような話ばかりなのだけど、なにか、全てが私のポイントからことごとくずれていて、少しも感情移入することができず・・・いつまでこの少女趣味の話に付き合えばいいのだろうという感じでどうにか読了。
    先入観が邪魔して作品の空気を感じることができなかったのかもしれない。

  • 荳頑ゥ玖除遨ょュ先嶌蠎励h繧翫?

  • 私と同じぐらいの年代の女の子のほとんどは、天蓋付きのベットのある洋館やそこに暮らす病弱な美少女に憧れたりした。今の女の子は、どうなんだろ。

    中学一年生の朋子が、親戚が暮らすお屋敷ですごした1年間を描いた物語。時々、大人になった朋子の回想が出てくるので、あの1年は、もう、思い出の中にしかないのか、と物悲しくなる。他の小川洋子さんの物語にもあるように、どこかから死の香りが漂ってくる。

    だけど、最初に私が思ったような形で、あの1年間が失われたのではなくて、とてもよかった。とんでもない事件が起こるのではなく、ちょっぴり楽しいことがあり、ちょっぴり悲しいこともあり、時々、一生懸命で、昭和の12歳の時間。

    時は1972年。ミュンヘンオリンピックやマーシャ・クラッカワ先生のラジオ講座「基礎英語」とか、小川さんと思い出とリンクしているとこもあるのかも。それから、ケースで配達されていた瓶入りの飲料「プラッシー」のこと、思い出しました。

    あと、芦屋も江坂も、私にはなじみ深く、地名を聞いただけで、イメージが沸きました。

    宝石箱ならぬ、美しいマッチ箱のような物語でした。

  • 2018.9.2読了
    ☆5

  • さわやかな絵画をみているようだった。

  • 配架場所 : 文庫
    請求記号 : BUN@913@O106@3
    Book ID : 80600058883

    http://keio-opac.lib.keio.ac.jp/F/?func=item-global&doc_library=KEI01&doc_number=002523580&CON_LNG=JPN&

  • 中学一年生の時の1年間の叔母の家での生活の,かけがえの無い思い出.私より1才下の,体の弱いミーナと共有した珠玉の時間,マッチ箱やコビトカバのポチ子など魅力あふれる物や者に囲まれた世界.繰り広げられた世界にため息が出た.

  • 子供の頃の純粋な心に戻れた気がしました。何もかもが新鮮で、意味深く見えて。幸せが続いていくようで、どこかもの悲しくて、最後にはちょっと涙が出ました。伯父さんは不倫してたのかな。。

全204件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

小川 洋子(おがわ ようこ)
1962年、岡山県生まれ。高校時代に文芸を志し、早稲田大学第一文学部文芸専修入学。在学中から文芸賞に応募。卒業後一般企業に就職したが、1986年の結婚を機に退職、小説家の道に進む。
1991年『妊娠カレンダー』で芥川賞、2004年『博士の愛した数式』読売文学賞、本屋大賞、2006年『ミーナの行進』谷崎潤一郎賞、2012年『ことり』で芸術選奨文部科学大臣賞、2013年早稲田大学坪内逍遙大賞をそれぞれ受賞。芥川賞、太宰治賞、読売文学賞、河合隼雄物語賞などの選考委員を務める。
『博士の愛した数式』は映画化され、大ヒットとなった。受賞作以外の代表作として、『薬指の標本』『人質の朗読会』『猫を抱いて象と泳ぐ』。

ミーナの行進 (中公文庫)のその他の作品

ミーナの行進 単行本 ミーナの行進 小川洋子

小川洋子の作品

ツイートする