双調平家物語〈4〉奈良の巻 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.92
  • (2)
  • (7)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :46
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (361ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122051805

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小葉さんのレビューの通り、だんだん同じ事(陰謀と保身)の繰り返しが描かれており、読むのが辛くなってきた。

  • 聖武天皇って遷都しまくりのかなり迷惑な帝だったんですね。
    藤原四兄弟の病死とか、大仏建立などはわりとあっさり。
    元明、元正もだったけれど光明子の影が薄い。
    その分、前巻の持統の印象がより強烈に。
    これまで抱いていた印象と異なる人物像に出会えるのは、興味深くはあるんだけど、皆が同じようなことをぐるぐるやっているって感じで(陰謀とか保身とか)、読むのがちょっとしんどい。

    この巻の主な登場人物:聖武帝、長屋王、橘三千代、橘諸兄、橘奈良麻呂、藤原広嗣、藤原仲麻呂、光明子。

全3件中 1 - 3件を表示

双調平家物語〈4〉奈良の巻 (中公文庫)のその他の作品

橋本治の作品

双調平家物語〈4〉奈良の巻 (中公文庫)はこんな本です

ツイートする