隠し子の宿―手習重兵衛 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.50
  • (1)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (323ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122052567

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とうとうおそのさんと祝言を挙げるんですね。

  • 手習重兵衛シリーズ
    波乱の重兵衛!
    些細すぎる事件を次々と解決する
    作品ですが、強敵でも出ないかしらん

  • 重兵衛シリーズ⑨
    おそのちゃんはいい子です。
    でもこの間延びした感じがちょっと耐え難くなってきた。
    一応今回も前回も前々回も事件はあって、最後に殺陣があったりはするんだけど、前半と比べちゃうとねぇ・・・。
    忍びや暗殺者相手に戦える重兵衛を、チンピラ相手に戦わせるなんて・・・と思ってしまう。

  • 浮気を疑われてるが、それで最後までごたごた・・・という感じではなかったな。

  • 津市津図書館----芸濃図書館。

  • 第九弾
    前巻を読んで暫くたつので、思い出しながら読んだ。
    北町定廻り同心河上惣三朗と中元善吉は父子十手のコンビを思い出す。
    おそのとの進展は何か進みが遅い気がする。品川の女将お阿佐が今後絡んでくる?
    登場人物全員の活躍を期待

  • 重兵衛、浮気を疑われるの巻。

  • 5/5-5/7

全8件中 1 - 8件を表示

隠し子の宿―手習重兵衛 (中公文庫)のその他の作品

鈴木英治の作品

ツイートする