蛮社始末―闕所物奉行裏帳合〈2〉 (中公文庫)

著者 : 上田秀人
  • 中央公論新社 (2010年5月1日発売)
3.67
  • (5)
  • (7)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :64
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122053137

蛮社始末―闕所物奉行裏帳合〈2〉 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 榊と鳥居耀蔵が決裂しそうでしない面白さ。

  • 第二弾
    今回は蛮社の変に絡む事件。
    蘭学嫌いの鳥居の仕掛けた罠に、彼の元を離れずどう解決するのか?
    水野老中と鳥居との今後が予見させる内容?

  • 闕所物奉行シリーズ2
    水戸様との攻防で勝利を収めた
    今回は高野長英の屋敷から(ああ、闕所ね)
    統幕のメモが!
    暇なお役であったはずの闕所物奉行って
    物語になるんですね~

  • 購入した日:2010/5/23
    読了した日:2010/5/23

    やっぱり
    上田秀人はオモシロイ。
    佐伯泰英と二分している感じがする。

    さて、第2段。

    いわゆる蛮社の獄をモデルにしている巻。
    妖怪鳥居は相変わらずイヤなヤツですが、
    一方的に使われないようにする扇太郎の
    ハタラキが興味深い。

    あっという間に
    至福の瞬間は過ぎました。

    新連載を始めるみたいだけど、
    シリーズものをそれぞれもっと進めてほしい。

  • 5/23-5/25

全5件中 1 - 5件を表示

上田秀人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

蛮社始末―闕所物奉行裏帳合〈2〉 (中公文庫)はこんな本です

ツイートする