双調平家物語〈14〉治承の巻2(承前) 源氏の巻 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.86
  • (1)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (445ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122053236

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 源氏の巻の開始。ついに頼朝挙兵、まさか偽の院宣が原因とは!ここまで日本史で習ったかなぁ。はっきり覚えていない。いろんな人がいるんだなぁと。

  • 2010年12月29日読み始め 2011年1月3日読了。
    以仁王の反乱から始まります。寺とか坊さんの話が冒頭から続くので、慣れるのに時間かかりました。「源氏の巻」に入り、源頼朝の話が出てきます。頼朝が兵を挙げるきっかけになったのが、文覚の偽の院宣。文覚が僧侶になったエピソードは面白かった(ひどい奴だけど)。
    最後は合戦シーン多めで、また名前がどんどん出てきて覚えられません。適当にスルーしてもいいのかも…。

全3件中 1 - 3件を表示

双調平家物語〈14〉治承の巻2(承前) 源氏の巻 (中公文庫)のその他の作品

橋本治の作品

ツイートする