水晶萬年筆 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.50
  • (28)
  • (73)
  • (95)
  • (15)
  • (3)
本棚登録 : 790
レビュー : 93
  • Amazon.co.jp ・本 (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122053397

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本日読了。
    短編集のような連作のような。
    十字路の街が主人公。
    「胸が高鳴る」ような熱狂とは無縁だけれど、
    「低鳴る」「中鳴る」ドキドキが各編に積み重なっている。

  • 短篇集。
    どれも捨てがたいが、どれか選ぶなら表題作にもなっている『水晶萬年筆』かなぁ。『雨を聴いた家』と『アシャとピストル』も捨てがたい……。
    『ティファニーまで』のコミカルなテイストも良かった。

  • 水・音・銀・流れ・影・濁音・遊び
    感覚・夜・月・森・音・カタカナ
    紙と文字と印刷の風景。

  • 静謐な文章。

  • 「十字路のあるところ」改題・文庫化作品。

  • とてもすてきなお話たちだった。
    冒頭一行目から、心をもっていかれる。
    言葉のセンスや、作品に相応しいアイテム、固有名詞の使い方が絶妙で、お話の世界観に必要なぴったりなものを、吉田さんは熟知してるなあと、改めて思った。
    どこかにありそうで、どこにも見つからない、吉田さんの描くそういう世界のお話たちがだいすきです。

  • 作者はクラフト・エヴィング商會の人なんですね。「クラフト・エヴィング」は人物を知らずに足穂の文章中からとった名前だそうですが、なるほど、足穂好きなんだろうなとよくわかる短編集でした。個人的に好きだったのは、勝手な造語を作る先生と助手の「ティファニーまで」。引退した怪盗ルパンを師匠と仰ぐ弟子の話や、真夜中にファンファーレを鳴らし種を蒔く、これまた師匠と弟子の話なども面白かったです。

  • 短編小説6編。「雨を聴いた家」「水晶万年筆」影を描く男とつみれ「ティファニーまで」ランチを食べにティファニーへ出掛けた師匠と弟子「黒砂糖」ファンファーレを鳴らし森を作る師匠と弟子「アシャとピストル」買えないものを売るアシャの見つけたピストル「ルパンの片眼鏡」盗んだものを街へ返すルパンと探偵小説の好きな弟子。

    うーん、読んだタイミングが悪かったのか本の世界観に入りきれなくてよく分からなくて困った。特に第1話。2度読みしてあとはそれなりに。「黒砂糖」が一番すっと胸に落ちたかな。

    作者の独特の世界観が好きで何冊も読んでいるのだけれど、今回は失敗。多分、私が。

  • 開いた瞬間に、ほうっと息をつく。

    この人の本の文字の並びが、姿が、ただただ好きなのだ。

    ひらがな、カタカナ、アルファベット、漢字。
    文字の触り心地、音の響きの遊び。ファンタジー。

    十字路に立って、正面だけでなく左右の街を透かし見るのが好き。
    道は顔の向きを制限する、と最近思っていて、それを外すところから日常が広がるんじゃないかと考えている。

    北村薫さんの『水に眠る』を想起。

  • 大人が読むファンタジー。

    いつもの世界なのに
    いつもの世界ではないところ。

    そんなお話しが詰まった短編集です♪

    いつか『水読み』になりたい・・・

全93件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

吉田篤弘

1962年東京生まれ。小説を執筆するかたわら、「クラフト・エヴィング商會」名義による著作と装幀の仕事を続けている。2001年講談社出版文化賞・ブックデザイン賞受賞。『つむじ風食堂の夜』『それからはスープのことばかり考えて暮らした』『レインコートを着た犬』『金曜日の本』『京都で考えた』『あること、ないこと』など著書多数。

「2019年 『天使も怪物も眠る夜』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉田篤弘の作品

ツイートする