水晶萬年筆 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.50
  • (28)
  • (73)
  • (95)
  • (15)
  • (3)
本棚登録 : 790
レビュー : 93
  • Amazon.co.jp ・本 (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122053397

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 言葉を「言葉」として捉える◎

  • 短篇集とは気づかず読み始めた僕は
    「雨を聴いた家」からはじまる物語に胸高鳴らせていた

    ひとまとまりになった短編からは
    「だれか自分の先をいく人」という共通のテーマを感じた
    これは僕の師匠へ憧れる気持ちが嗅ぎとった匂いかもしれない

    吉田篤弘のソロ活動としてのこの作品からも
    クラフト・エヴィング商會の芳香は十分楽しめた

  • 夢と現の間のような、不思議な町、不思議な出会い、不思議な人生を紡ぐ短編集。
    個人的には「ルパンの方眼鏡」が哀愁とロマンと透明感を感じて好きでした。

  • 雰囲気はあるけれど、読みづらくて、あきてしまう。

  • 十字路をめぐる短編集。

    一番のお気に入りは「黒砂糖」です。
    今、月夜に種蒔く人は、この僕である。
    という冒頭から始まります。それだけで、ぐっときてしまいます。

    どの短篇の登場人物も戸惑っていて、
    なにかに導かれそうになるところでお話はおしまい。

    結末はいつも、
    なにかが始まる予感をふくんでいます。

  • もう、なんていったらいいのか不思議な物語
    6編の短編小説
     アルファベットのSと<水読み>に導かれ、
     物語を探す物書き。影を描く画家。繁茂する
     道草に迷い込んだ師匠と助手。月夜に種蒔く
     人。買えないものを売るアシャ。もう何も欲
     しくない隠居のルパン
    想像出来ないよね
    読んだあとも説明出来ない・・・

  • この人の書く小説は、いつの時代の、どんな地域なのか分からなくなります。

    この本に限っては日本であるような描写があるので、そうなのでしょう。多分。

    でも描写が細かく、しかし面倒にならない程度で、描かれているので、本の中のその場所に立っているかのような気持ちになります。

    ヘンテコだけど、でも人間の性質や腹の底からのじんわりとした感情を感じさせます。

    ドラマチックな展開や衝撃的な結末を期待して、本を読む方はやめたほうがいいかもしれません。

    続きが気になるようなところで終わる話もありますし、淡々と進んでフワリと終わります。

    何回か読み直したくなる作品です。

  • 不思議な雰囲気の短いお話がつまってます。
    きれいな文章なんだけど読むのが少し億劫でした。
    読み進めるのが作業的になってしまい残念です。
    話の感じはどれも好きですが、ルパンのお話が一番好みですね。

  • ようやくというか、無理無理に読み終えた感じ(汗)。以前読んだ著書の方が好きだったな。

  • 吉田篤弘の「物語性」が炸裂。いいなぁ、いいなぁ。
    つみれさんのお店に行きたい。

全93件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

吉田篤弘

1962年東京生まれ。小説を執筆するかたわら、「クラフト・エヴィング商會」名義による著作と装幀の仕事を続けている。2001年講談社出版文化賞・ブックデザイン賞受賞。『つむじ風食堂の夜』『それからはスープのことばかり考えて暮らした』『レインコートを着た犬』『金曜日の本』『京都で考えた』『あること、ないこと』など著書多数。

「2019年 『天使も怪物も眠る夜』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉田篤弘の作品

ツイートする