水晶萬年筆 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.50
  • (28)
  • (73)
  • (95)
  • (15)
  • (3)
本棚登録 : 790
レビュー : 93
  • Amazon.co.jp ・本 (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122053397

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 絵描きや探偵小説好きの学生etcが、何処か似た街の路地で巡り会い、ふわふわ不思議な物語を生んでいく。小学生の頃、こんな感じの児童書をよく読んでいたぁと懐かしくなった。異世界ではなく日常の裏側、ぺらりと頁を捲って現れる非日常の幻想が好きでした。

  • 雰囲気はあるけれど、読みづらくて、あきてしまう。

著者プロフィール

吉田篤弘

1962年東京生まれ。小説を執筆するかたわら、「クラフト・エヴィング商會」名義による著作と装幀の仕事を続けている。2001年講談社出版文化賞・ブックデザイン賞受賞。『つむじ風食堂の夜』『それからはスープのことばかり考えて暮らした』『レインコートを着た犬』『金曜日の本』『京都で考えた』『あること、ないこと』など著書多数。

「2019年 『天使も怪物も眠る夜』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉田篤弘の作品

ツイートする