省略の詩学―俳句のかたち (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
4.13
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122053823

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「省略の詩学」外山滋比古著、中公文庫、2010.10.25
    190p ¥600 C1181 (2018.05.08読了)(2018.01.20購入)
    副題「俳句のかたち」

    【目次】

    切字断章
    省略の文学―切字論

    季語について
    俳句と点描主義
    添削の思想
    F氏とのひと時
    俳句とイロニイ
    俳句の神髄
    俳句の横顔
    俳句の流行

    切字
    結ぶ
    あいまい
    モンタージュ
    点描
    心象の写生
    借景
    季語
    奇想
    削る
    ロジック
    残像
    第四人称
    屈折・転調
    あとがき

    ☆関連図書(既読)
    「エディターシップ」外山滋比古著、みすず書房、1975.02.25
    「子育ては言葉の教育から」外山滋比古著、PHP研究所、1984.11.02
    「思考の整理学」外山滋比古著、ちくま文庫、1986.04.24
    (「BOOK」データベースより)amazon
    世界でいちばん短い詩―俳句。日本独特の短詩型文学における、主として切字の考察を通して日本語の豊かさを実証し、「省略の詩学」としての魅力をも解明する日本語論の先駆的名著。

  • 読みたい本。
    新聞広告文によると「世界でいちばん短い詩「俳句」を日本語の性質からみる」とのこと。

全2件中 1 - 2件を表示

省略の詩学―俳句のかたち (中公文庫)のその他の作品

外山滋比古の作品

ツイートする