味な旅 舌の旅 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122053915

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いまや生きる伝説と化した小説家・宇能鴻一郎が昭和40年代前半に全国各地を巡った食の記録。いろいろゴタクは並ぶけれど、それは言葉を生業とする人なのだからしょうがない? いや、読む前はもっと読みにくい表現のオンパレードかと思っていたので、むしろ読みやすかった。
    北海道から奄美まで南下するいくつかの旅をもとに綴られるおいしそうな食べものたち、料理たち。また、半世紀前の日本の紀行文としても楽しめる。時は、高度経済成長も落ち着きかけ、国民全体に豊かな生活が行きわたりかけた頃だろうか。一方で、新しいもの、異国のものをよしとする空気も全国に行きわたり、地方の観光地の迷走感も。ディスカバー・ジャパン前夜の日本の様子が伝わってくる。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

宇能鴻一郎(うの・こういちろう)1934年北海道生まれ。東京大学国文科卒業。1962年「鯨神」で第46回芥川賞を受賞。その後、官能小説の書き手として一時代を築く。

「2016年 『むちむちぷりん 〈精選版〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

味な旅 舌の旅 (中公文庫)のその他の作品

味な旅 舌の旅 (中公文庫) 文庫 味な旅 舌の旅 (中公文庫) 宇能鴻一郎

宇能鴻一郎の作品

ツイートする