大衆芸能ざんまい―娯楽・極楽・お道楽〈しょの4〉 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122053991

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「日刊スポーツ」での連載末期をまとめたもの。

  • トイレにてちまちまとw
    新聞連載をまとめたすでに終わった情報ばかりだが、見逃し、すれ違いしていた「大衆芸能のカタログ」として読んでいる。
    高田文夫の評価の姿勢が好きだ。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1948年、東京都渋谷区生まれ。日本大学藝術学部放送学科卒業。放送作家の塚田茂に弟子入り。1973年、『ひらけ! ポンキッキ』で放送作家デビュー。『スターどっきり(秘)報告』『オレたちひょうきん族』『北野ファンクラブ』『笑アップ歌謡大作戦』など数多くの番組に携わり、構成だけでなく出演もした『ビートたけしのオールナイトニッポン』は社会現象にもなった。1983年、落語立川流Bコースに入門し、1988年に立川藤志楼として真打昇進。その翌年から始まった『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』は、現在も続く人気番組となっている。主な著書に『笑芸人しょの世界』『誰も書けなかった「笑芸論」』『私だけが知っている 金言・笑言・名言録』など。また「小説現代」「週刊ポスト」などで連載コラムを執筆中。

高田文夫の作品

大衆芸能ざんまい―娯楽・極楽・お道楽〈しょの4〉 (中公文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする