SRO〈2〉死の天使 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.42
  • (29)
  • (99)
  • (135)
  • (25)
  • (4)
本棚登録 : 738
レビュー : 89
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122054271

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 誰もが一度は考えるであろう、尊厳死や安楽死について。これらはその人の宗教観、哲学によってさまざまであるから、難しい。
    不治の病だから、ちょっと旅立つのを手伝う、これをしていいものかどうか。意思もなく、心臓しか動いていなくても、旅立つことを手伝っては殺人になる。
    当事者になればぐちゃぐちゃになるまで考えるんだろうな。
    医師が、勝手にはやってはいかんだろとは思いますがね。
    今回のSROも糸口さえつかんでしまえば一気呵成でしたね。

  • 7

  • SROシリーズ第二弾。
    ミステリと言うより刑事ものって感じ。
    この部署に配属されたら一度はシリアルキラーに襲われないといけないのだろうなぁ。

  • 編曲したキリシタン医師の琥珀が、聖教者としては、先の無い患者を歴代法皇の命日に旅立たせる(ある意味尊厳死)殺人を探り当てるSROの活躍を描く。中々おもろかった。

  • 前作に比べると、うーんと感じる部分もありつつ。
    でもはらはら感と読みやすさは健在です。キャラクターも深まってきて、犬猿の仲だったとか、裏切りがあった、みたいな人物も心動かされ何となくまとまりながら離れながら進んでいく。
    医療ものと刑事物が好きな人にはぜひ読んでもらいたいです!

  • これはまぁまぁ

  • 神から与えられた使命だと言って、10年間患者を殺し続けるなんて…しかもそれが医者だというのだから、読んでいて腹立たしかった。
    宗教にのめり込むのって怖い。

  • シリーズ第二弾であります
    第一弾で見事に連続殺人鬼を逮捕
    無茶で違法な捜査を行った警視庁広域捜査専任特別捜査室の面々は・・・・・・

    結果・・以下の処分に

    有給扱いの謹慎・・・二名
    心の病で入院中・・・一名
    外出禁止の管内勤務・・・四名

    でもでも
    事件は彼らを放っておいてはくれません
    ってか
    彼らは事件を放っておかない!!!!!

    ある病院で末期の患者たちが本病とは違う原因で死亡している
    その病院には死を望む患者たちを神のもとへ送り届ける【死の天使】がいるという・・・・・・・・
    事実関係を調査するためにSROは警視庁内で捜査とは無縁の職・・経理畑のベテランである富田を潜入させる
    そして、彼に・・・・・・・魔の手が・・・・・・・

    次々に現れますね~
    『シリアル・キラー』
    今回も厄介な相手です
    外科医ですから
    ある意味、生死のスペシャリストですから

    作中でも本人たちが言っていますが
    ほんと二時間ドラマような展開であります

    今回はSROの描写は抑え気味
    舞台となる病院関係諸々のお話が中心で

    えーーーーー死んじゃったよ・・・・・・・・あっけない・・・・・
    てなシーンもありましたが

    ラストシーンは謹慎中の二人も復活して
    またもや

    ハリー・・・・それ携帯しちゃダメだって言われてるでしょ・・・・・・

    今回も楽しかったでーす!!!

    パート3は全員揃うかなぁ

  •  ようやくまとまってきたSRO、次の舞台は病院です。新たな敵の登場。メンバーがまた危険な目に合う、これはお約束ですね。展開が速く、ハラハラさせられるので一気読みです。
     夏目さんと昆虫は、ほんと勘弁してもらいたい。
     

  • 頭のおかしい医師のお話。
    SROのメンバーも相変わらず変。

全89件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

富樫倫太郎 1961年、北海道生まれ。98年第4回歴史群像大賞を受賞した『修羅の跫』でデビュー。「陰陽寮」「妖説 源氏物語」シリー
ズなどの伝奇小説、「SRO 警視庁広域捜査専任特別調査室」シリーズ、「生活安全課0係」シリーズ、『早雲の軍配者』『信玄の軍配者』『謙信の軍配者』の「軍配者」シリーズなど幅広いジャンルで活躍している。


「2019年 『スカーフェイス3 ブラッドライン 警視庁特別捜査第三係・淵神律子』 で使われていた紹介文から引用しています。」

SRO〈2〉死の天使 (中公文庫)のその他の作品

富樫倫太郎の作品

ツイートする