SRO〈2〉死の天使 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.42
  • (29)
  • (99)
  • (135)
  • (25)
  • (4)
本棚登録 : 738
レビュー : 89
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122054271

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • SROに何を求めているのか? ってあえて問えば、きっとクセのある刑事たちの活劇がみたいのだと思う。今回は一作目の活躍でメンバーが謹慎処分をうけており、活劇少なめ残念。シリアルキラーの視点で描くのなら、三作目あたりがいいんじゃないだろうか。

  • 再読。

    病院で人を次々殺していく医者のシリアルキラーを追い詰める話。
    前作の流れで調査室のメンバーが警視庁に籠っているので、代わりに事務の富田課長たちが病院を探る。
    なので基本的には座ってパソコンで情報を集めるだけ、という。
    最後は相変わらずの暴走で、病院に突撃してますがイマイチ物足りない。

  • 第1作に比べるちょっと地味
    メンバーの活躍の場面がほとんどないので、最初にこれだったら次を読む気にならないかも
    1作目の続編としてでないと評価は落ちるなあ・・・

    しかし、こう云うやつはいそうで、最初分かるような気がしたんだけど、読んでるうちに耐えられなくなった

    でも、やはりメンバーが活躍する話を読みたい

  • SROシリーズの第二弾。前回のシリアルキラー・近藤房子の事件からしばらく経ってるのかと思いきや、すぐに今回の事件が起こってた。とりあえず琥珀先生が怖いし気持ち悪い…宗教のことは全然分からないけど、なんかここまで何かにとりつかれてる琥珀先生が怖くて。このSROに出てくるシリアルキラーってみんな怖いし不気味だな。まあ、だからシリアルキラーなんだろうけど。今回も話の進みも良くて面白かったです。なぜかわたしの中で山根室長って、北大路欣也さんのイメージなんだよなあ。歳は全然違うけど…何でだろう、室長だからかな。読んでるとどうしても北大路さんが喋ってる。これからまたSROはどうなっちゃうんだろうなあ。次も楽しみ。

  • シリーズ3冊の中で一番微妙かも。
    もっとSROキャラクターの話が読みたい。

  • 今回は室長他、SROメンバーの活躍度が低くて寂しいですが、なんと富田課長が大活躍!これはこれで面白かったです。

    調査室が使えず、捜査らしい捜査も出来ずなんせ富田課長頼みなんです。それでも尾形・ハリーは大活躍(?)と言いますか、また撃っちゃいましたね(笑)ほんと無茶する人達です。。。

    次はどうなる?本当に楽しみです!!

  • 自らの幸福を追求するあまり、殺人を使命とするサイコパス対
    警視庁広域捜査専任特別調査室SROとのセレンディピティ対決。
    持てる能力を駆使して最後に生き延びるのはどちらか。

    強引な解釈においては両者の身勝手さは引けをとりません。

    登場人物の配役遊び。シリーズ第一話では「クリミナル・マインド」。本作では「相棒」「太陽にほえろ」を演じた役者名が挙がる場面もお楽しみ。

  • 広域捜査じゃなくて、病院内の事件でちょっと息苦しく感じた。ストーリーも淡泊かな…。次作に期待。

  • 「SRO2死の天使」を読了。前回同様、どうもこの作者の犯人は怖さをあまり感じない。展開がスムーズすぎて、ハラハラ感とか犯人に対する嫌悪感とかが湧かないんですよね。あと、あまりひっかけとかがないのも、淡々とした印象に繋がってるのかも。

  • フルメタルジャケット

全89件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

富樫倫太郎 1961年、北海道生まれ。98年第4回歴史群像大賞を受賞した『修羅の跫』でデビュー。「陰陽寮」「妖説 源氏物語」シリー
ズなどの伝奇小説、「SRO 警視庁広域捜査専任特別調査室」シリーズ、「生活安全課0係」シリーズ、『早雲の軍配者』『信玄の軍配者』『謙信の軍配者』の「軍配者」シリーズなど幅広いジャンルで活躍している。


「2019年 『スカーフェイス3 ブラッドライン 警視庁特別捜査第三係・淵神律子』 で使われていた紹介文から引用しています。」

SRO〈2〉死の天使 (中公文庫)のその他の作品

富樫倫太郎の作品

ツイートする