SRO〈2〉死の天使 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.42
  • (29)
  • (99)
  • (135)
  • (25)
  • (4)
本棚登録 : 738
レビュー : 89
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122054271

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前作「?」読了の勢いそのままで「?」に突入。地方の病院で相次ぐ不審死(?)の謎にSROが挑む。捜査のとっかかりから、ちょっと強引。捜査方法もかなり強引。面白く読めるんだけど、「?」ほどのパワーは無かった…。期待値が高すぎたのか?

  • シリーズ2作目。
    元看護師からの投書をきっかけに、病院を捜査するが・・・
    確かに、病院行ったら、されるがままだよなーと思った。
    こんな警察ありえへんだけど、おもしろいからいいのだ。

  • キャリアばかりなのに、なぜかお荷物。一癖もふた癖もあるSROの第2弾。どちらかというと好きなタイプの小説なので、ある種、一気に読んだ。1巻よりも2巻の方が、最後まで飽きさせない作りな気がする。ただ、最後のあっけなさは、微妙に残念な気も。
    また2巻の方が、コロンボ風というか、古畑任三郎風というか、誰が犯人かがわかっていて、それをどう追い詰めていくか、というような作風が明確に出ているのも、1巻で途中であれ?となってしまったよりは、やっぱりそっちで来るのね、という感じがして、納得。
     帯によると3巻は、1巻の犯人との対決が待っているよう。ハンニバルレクターのようになるか、発売が楽しみ。早速、新刊.netに登録し、次の出版を待つ。

  • SROシリーズの第2弾です。前回とメンバーは変わって
    いません。以前の事件で怪我をした木戸沙織は入院中
    で、今回はお休みです。

    今回の舞台は都内にある下野東方病院です。調査する
    きっかけとなったのは、浜田寿賀子という看護婦から
    の投書がきっかけです。それは自分の担当患者が亡く
    なった責任をとらされ、退職を強要されたという内容
    でした。

    最初は疑問に思うような事もあまりなく、病院にして
    は珍しく黒字経営を行っている様で、SROの室長であ
    る山根も乗り気ではありませんでした。

    ただ、寿賀子が看護協会にも退職を強要された事につ
    いての投書を行っており、看護協会側は病院に疑いを
    持ち、潜入調査を行う事になりました。

    そこに興味を抱いた山根は、過去に病院で亡くなった
    方の中に不審死した人がいないかどうか、調べ初めて
    みるのでした。

    同時に、病院内にもSROのメンバーである富田課長を
    検査入院させる事で潜入させ、現地調査も開始しまし
    た。

    調査するにつれ、病院内でとても恐ろしい事実があっ
    た事にSROのメンバーは気付き始めます。そしてそこ
    には、ある病院関係者の名前が浮かび上がります。

    犯人が犯罪を起こした理由は?病院関係者だからこそ
    出来た殺害方法とは?

    興味がある方はご覧ください。

  • 新作が文庫書き下ろしなので、前作のノベルズとの釣り合いは取れないけど、内容は完全に前作に引き続いています。相変わらず推理して追い詰めると言うよりも、犯人側の書込に引きずられて読んでしまいましたが、大量殺人犯は実際にもいそうな気もします。それにしても、次の巻で因縁の対決再びというのが気になりすぎ。メンバーの誰かが殺されそうな予感がしますね。

  • 異色の警察小説のシリーズ第2弾。前作の設定や
    事件の詳細...薄らしか覚えてないやw。管轄を一切
    無視した広域捜査を行う異端部署の鼻つまみ達の
    やはり、異色な活躍っぷりはかなりの常識外れの
    ほぼ違法捜査w。んなアホなーという突っ込みを
    随所に入れたくなりますが、全編を緩やかな
    ユーモアでコーティングされているので、その
    突っ込みも...まぁ...いいか!と流して、意外と
    のめり込んで読んでしまいます。
    がっつり硬派でハードな警察小説ファンには
    不向きかもしれませんが...自分は好きです。
    全く足で情報を得ずに、スレスレアウトな違法捜査と
    ネット駆使した調査室内のみで、狡猾に潜んでいた
    シリアルキラーを見つけ出すなんて痛快だしw。

    割とラストが投げっぱなしなのは残念ですが
    これ次作も出るのかなー? それなら許しますw。

  • 強く死を願う患者の前に現れて、その願いを叶えてくれる―栃木県・下野東方病院関係者の間でささやかれる「死の天使」の噂。担当患者が亡くなった責任を取らされ、退職を強要された看護師からの投書を調べるうちに、新九郎たちSROは奇妙なことに気付く。新時代警察小説、待望のシリーズ第二弾。文庫書き下ろし。 今回は倒叙物です。本文中で「刑事コロンボ」に言及しているのは目配せでしょうか。ついでに「相棒」や「太陽にほえろ!」まで出てきます。犯行の動機がポイント。SROの捜査の方法は前作以上に無謀で、唖然とさせられます。

  • スピード感があって軽いエンターテイメント的に楽しめた。
    設定の無茶振り感は変わらないけどまあいいのかな。
    SROが動くと誰かが巻き込まれてえらい事になり迷惑な気もするけど作り話だからいいのだ。と、いう感じ。

  • 現実ばなれしすぎ。途中は少し退屈。

  • -

全89件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

富樫倫太郎 1961年、北海道生まれ。98年第4回歴史群像大賞を受賞した『修羅の跫』でデビュー。「陰陽寮」「妖説 源氏物語」シリー
ズなどの伝奇小説、「SRO 警視庁広域捜査専任特別調査室」シリーズ、「生活安全課0係」シリーズ、『早雲の軍配者』『信玄の軍配者』『謙信の軍配者』の「軍配者」シリーズなど幅広いジャンルで活躍している。


「2019年 『スカーフェイス3 ブラッドライン 警視庁特別捜査第三係・淵神律子』 で使われていた紹介文から引用しています。」

SRO〈2〉死の天使 (中公文庫)のその他の作品

富樫倫太郎の作品

ツイートする