SRO〈2〉死の天使 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.42
  • (29)
  • (99)
  • (135)
  • (25)
  • (4)
本棚登録 : 738
レビュー : 89
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122054271

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 途中眠くなる

  • 病気を治す病院なのに、患者に向き合っている医者がシリアルキラーとは…怖っ!

  • 生きている意味がない?死にたい?
    では、望み通りの死を与えよう。
    苦しまずに、楽に眠るように。
    寂しさはない、神の使者と供にいけるのだから。
    「死の天使」があなたの望みを叶えます。

    病院にまつわる噂が、噂でなかったら?
    医療ミス?患者の寿命?はたまた・・・

    病院で発生している、誰も疑問に思わない死。
    不当な退職を迫られた看護師からの、投書でその死の違和感を見つける
    SROの面々が捜査に乗り出す、果たしてこれは事件なのか・・・?

    前回から数日後が舞台であり、まだ謹慎処分すら解けていない段階で
    どの様に捜査し、事件性を発見するのかが面白い反面前回までの
    エンターテイメント性には少し欠けるモノになっている様子。

    それでも、日本にこんな事件ないだろう?!って
    言い切れないような怖さがある一冊。

  • SROに何を求めているのか? ってあえて問えば、きっとクセのある刑事たちの活劇がみたいのだと思う。今回は一作目の活躍でメンバーが謹慎処分をうけており、活劇少なめ残念。シリアルキラーの視点で描くのなら、三作目あたりがいいんじゃないだろうか。

  • 広域捜査じゃなくて、病院内の事件でちょっと息苦しく感じた。ストーリーも淡泊かな…。次作に期待。

  • 強く死を願う患者の前に現れて、その願いを叶えてくれる―栃木県・下野東方病院関係者の間でささやかれる「死の天使」の噂。担当患者が亡くなった責任を取らされ、退職を強要された看護師からの投書を調べるうちに、新九郎たちSROは奇妙なことに気付く。新時代警察小説、待望のシリーズ第二弾。文庫書き下ろし。 今回は倒叙物です。本文中で「刑事コロンボ」に言及しているのは目配せでしょうか。ついでに「相棒」や「太陽にほえろ!」まで出てきます。犯行の動機がポイント。SROの捜査の方法は前作以上に無謀で、唖然とさせられます。

  • 現実ばなれしすぎ。途中は少し退屈。

著者プロフィール

富樫倫太郎 1961年、北海道生まれ。98年第4回歴史群像大賞を受賞した『修羅の跫』でデビュー。「陰陽寮」「妖説 源氏物語」シリー
ズなどの伝奇小説、「SRO 警視庁広域捜査専任特別調査室」シリーズ、「生活安全課0係」シリーズ、『早雲の軍配者』『信玄の軍配者』『謙信の軍配者』の「軍配者」シリーズなど幅広いジャンルで活躍している。


「2019年 『スカーフェイス3 ブラッドライン 警視庁特別捜査第三係・淵神律子』 で使われていた紹介文から引用しています。」

SRO〈2〉死の天使 (中公文庫)のその他の作品

富樫倫太郎の作品

ツイートする