日本文学史 - 近代・現代篇一 (中公文庫)

制作 : 徳岡 孝夫 
  • 中央公論新社
4.67
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (375ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122055162

作品紹介・あらすじ

日本文学への深い愛情をこめて単独執筆した魅力あふれる通史。文明開化、近代文学の幕開け。政治小説から幻想奇譚まで。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 明治初中期の文学が、外国文学の翻訳、政治小説・文学論の台頭が同時発生的に、また1人の作家がそれらを同時に担うことさえあった、という指摘に肯首。

  • ドナルド・キーンさんの知識にただただ脱帽。きちんとした研究に基づき論を展開し、的を得た批評とわかりやすい文章で、きちんと論旨を追っていくことができる。名作と記憶される作品はきちんと読んでおかなくてはと改めて思わされる。作品を読んでから改めてキーンさんの批評を読み直せば、もう少しきちんと理解できそうな気がする。
    読んでいない作品の作家と著作については、あらすじや作品の評価がわかり、日本文学を知るにはとてもよいシリーズだと思う。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1922年、ニューヨーク生まれ。コロンビア大学、同大学院、ケンブリッジ大学を経て、53年に京都大学大学院に留学。現在、コロンビア大学名誉教授、アメリカ・アカデミー会員、日本学士院客員。菊池寛賞、読売文学賞、毎日出版文化賞など、受賞多数。2008年、文化勲章受章。主な著書に『日本人の西洋発見』『日本との出会い』『百代の過客』『日本文学史』『明治天皇』『ドナルド・キーン自伝』などがある。93歳で評伝『石川啄木』を執筆。

ドナルド・キーンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J.L. ボルヘ...
J・モーティマー...
ミシェル・フーコ...
ミシェル・フーコ...
三島 由紀夫
遠藤 周作
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする