浮世女房洒落日記 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
4.34
  • (28)
  • (23)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 156
感想 : 27
  • Amazon.co.jp ・本 (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122055605

作品紹介・あらすじ

お江戸は神田の小間物屋、女房・お葛は二十七。お気楽亭主に愛想つかし、家計はいつも火の車。それでも風物たのしんで、美顔の探求余念なし。ひとの恋路にゃやきもきし、今日も泣いたり笑ったり。あっけらかんと可笑しくて、しみじみ愛しい、市井の女房が本音でつづる日々の記録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 奇妙なもの音に目を覚ました場面から始まり、見慣れない箱が屋根裏に出現…という始まりだったから、何かオカルト的なオチがつくのかと思っていたら、
    『男もすなる日記というものを…』的な、前置きというか、設定の紹介だったようだ。

    時代設定は、文化文政から天保のあたり。
    一文は約25円に換算。
    どの年かは分からないけれど、一月一日から大晦日までの一年間を綴った、江戸時代の自営業(小間物屋)の主婦の日記形式になっている。

    木内さんの作品で、今まで自分が読んだものは、少し重いというか、渋いというか、ピカピカに仕上がったものにさっとひとはけ柿渋を塗って汚し塗装をしたような…そういう雰囲気の物が多かった。

    けれど、この「日記」は、ひじょうに軽妙洒脱。
    現代のよその主婦のブログを、特に大事件が書かれていなくても、「何を食べた」とか「子供が熱を出した」「スイーツ食べ過ぎて体重計が怖い」「ダンナがどうしょうも無い」というような日常を読むだけで面白い…
    そういう感じの本なのだ。

    そういう日常を、江戸っ子のポンポン威勢のいい話言葉さながらに、会話のやり取りも生き生きとつづっている。

    とても面白い。

    「わ~、江戸時代の主婦も、今といっしょだな~」
    などとつい思ってしまって、いや、これ本当は現代の作家が書いてるんだから、と現実に戻る。

    丁寧な脚注付きで、江戸の暮らしの年中行事や一年間が良くわかる。

  • 季節の移り変わりとともに生きていた江戸の風俗を知ることができて面白い。
    創作の日記だ(ろう)ってわかってはいるけど、江戸の暮らしいいなって思ってしまう。落語の世界に迷い込んだみたい。

  • 江戸時代の庶民の暮らしの様子が面白かった。
    自分の息子の勉強の出来が悪いから、将来医者になるしかない、とか、鮪が下等の魚で犬の餌か肥やし、人の食べ物じゃない、等々、現代のは真逆の価値観にビックリ!!
    でも、女性が美しくなりたいという願望は、昔も今も変わらないのよねぇ。

  • 江戸時代の小間物屋の奥さんの日記。
    登場人物が、個性豊かで楽しい。
    ほのぼのとしつつ、江戸時代の庶民の生活が知れて、充実の一冊。
    トラブルメーカーの旦那さんが最高。
    息子のやんちゃっぷりもいい笑

  • 神田の小間物屋のちゃきちゃきした女房・お葛さんの日記の体で、歳時記を読んでいるよう。
    解説で堀江敏幸さんが書いていらっしゃるように、お江戸八百八町で庶民が季節ごとに楽しみにしていた行事や風物が、それこそ、使うべき言葉をあらかじめリストアップして消しこみながら物語を綴ったように、満遍なく出てくる。(充実の註釈が、簡潔的確でいい!)それをこの物語のお決まりごととして楽しみつつ、いきいきとして
    魅力的な登場人物と共に暮らしている気になって、ちょっと元気になりました。
    そして、導入の、筆者が住んでいる古い洋館での出来ごと(あやかし…)がとても好き。

  • 江戸は神田で小さな小間物屋を営む女房が書いた一年の日記という体裁をとった小説です。
    本屋でちょっと立ち読みした時は、買おうか買うまいか一瞬悩んだのです。本当に日記と言った感じで、さしたる事も起き無さそうだし、名手・木内さんとは言え面白いのだろうかと。
    全くの杞憂でした。
    蓄えも無く将来に若干の不安あっても、江戸時代の庶民が一日一日をそれなりに楽しく過ごす様子が見事に描かれていて、全く飽きさせません。時代考証的に正しいのか私には判りませんが、本当に見て来た様に生き生きとしています。男性陣は落語のようだし、女性たちはしっかりしたたかで楽しい。
    いやぁ、上手いですね。

  • ものすごーーーくおもしろかった! すばらしい! 大好きだ。
    江戸時代の小間物屋さんの奥さんが書いた日記。
    まるで現代のブログみたい。日々の仕事と暮らし、子どものこと、お出かけ、おいしいもの、季節の行事、ご近所さんとのおしゃべり、そして夫とのけんかや愚痴。口調もブログ日記みたいで読みやすくて。おもしろくて楽しくて笑えて、そしてものすごく深い。
    平凡な日常を大事にして楽しく暮らそう、とかしみじみ思う。
    ああ、いつまでも読んでいたかった。続編とか出ないかなあ。
    それと、関西弁っていいなと思ってたけど、江戸弁もいいなあーと思った。

    • Pipo@ひねもす縁側さん
      木内さんの作品、まだ未読なんです。直木賞作品の『漂砂のうたう』が面白いと聞いていて、そのまま。niwatokoさんの感想で、あらためて読んで...
      木内さんの作品、まだ未読なんです。直木賞作品の『漂砂のうたう』が面白いと聞いていて、そのまま。niwatokoさんの感想で、あらためて読んでみたくなりました。表紙も可愛いし、こちらからにしようかな。

      私は関西弁ネイティブですが、江戸弁の歯切れのよさは大好きです。
      2011/12/18
    • niwatokoさん
      わたしも木内さんはこの作品をはじめて読みました。ほかの作品はけっこう難しそう?と思っているんですが、これは軽妙で楽しくて読みやすいです。江戸...
      わたしも木内さんはこの作品をはじめて読みました。ほかの作品はけっこう難しそう?と思っているんですが、これは軽妙で楽しくて読みやすいです。江戸弁って現代モノではあまりない気がしますが、この作品ではじめて、いいなあーと思いました。関西弁もそうですが、リズムがよくて。まねできないけどしたくなります。
      2011/12/19
  • 江戸時代(中期?)の小間物屋の女房が綴った日記という
    設定なのですが、登場人物の感覚や生活感がリアルで、
    最近書かれたブログを読んでいるような気持ちになりました。
    「もし200年前にブログがあったら」という感じです。

    ここに描かれている生活は、世間といえばほぼ町内、とりあえず
    暮らせるだけのお金、少ない家財……なのに、楽しげで豊かに
    暮らしていて、生活はその人の心がけなのだということを
    改めて思いました。

    一月から師走までの江戸の市井の生活描写は楽しく、登場人物も
    キャラが立っていて落語のような楽しい、読んで元気がでる本です。

  • 面白くて面白くてケタケタ笑いながら読んでしまった。正月から師走まで1年通して書かれた日記。作者は江戸で小間物屋をしているお葛さん。その亭主がとにかく笑える馬鹿。仕事に精を出さず、見栄っ張り、喧嘩っ早く、子供より子供。亭主の馬鹿っぷりに日記でツッコミをいれるお葛さん。言い回しや的確な指摘が最高に洒落ている。ツッコミながらも季節の行事や当時の風習が丁寧に書かれていて、まるで江戸にいるような気分を味わえる。亭主以外の登場人物も一筋縄じゃいかない人ばかり。だものツッコミも磨かれるわけだ。愉快で気分がいい1冊です!

    積ん読たくさんあるにもかかわらず、ちょっと寄り道。すっこーんとそしてからりと乾いた気持ちいい読後を求めて再読。お葛と旦那とその周りの人々とやっぱ好きだな。お葛さんが旦那にあきれつつもなんだかんだ日記で話題にしているってことは、お葛さんが思う程枯れてないと思うよ笑。旦那が湯屋で喧嘩して、お葛さん一度は怒髪天になるも、でもその原因に筋が通っていると分かった時の褒め言葉「えらいぞ、旦那。日頃の短慮が実を結んだね」こんなこと、普通言えない。お葛さん、嫌かもしれないが似た者夫婦だよ。たった1年の日記じゃ物足りない!

  • 大正初年に建てられた古びた洋館の天井裏で見つかった江戸時代に小間物屋を営む女が描いた日記。昭和の初め頃、一人の男がその日記に興味を持ち現代語訳したものらしい。
    面白い。本書の設定も日記の内容も。
    日記の書き手はいつもぷりぷり怒りながらどんどん突っ込みを入れていく。その様が軽快で痛快でとても良い。自身も本を読むのが好きらしく文才ありなので登場人物がみんなイキイキと立ち回ってくれる。
    と、面白く日記を読み終わった後に解説を読んだら現代語訳をした男の存在にも疑問が表れ尚面白い。
    それにしても、あの洋館の戸袋が物凄く気になる。
    そこに住む人の日記も是非とも読みたい。戸袋の世界をこっそりとお披露目してほしいなぁ。

全27件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1967年生まれ。出版社勤務を経て、2004年『新選組 幕末の青嵐』で小説家デビュー。08年『茗荷谷の猫』が話題となり、09年回早稲田大学坪内逍遙大賞奨励賞、11年『漂砂のうたう』で直木賞、14年『櫛挽道守』で中央公論文芸賞、柴田錬三郎賞、親鸞賞を受賞。他の小説作品に『浮世女房洒落日記』『笑い三年、泣き三月。』『ある男』『よこまち余話』、エッセイに『みちくさ道中』などがある。

「2019年 『光炎の人 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木内昇の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
木内 昇
冲方 丁
谷崎潤一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

浮世女房洒落日記 (中公文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×