禁断 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.00
  • (0)
  • (3)
  • (14)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122055742

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 魔性の女に囚われた主人公。後味の悪さ抜群。

  • ん~、怖い。
    続きが気になって一気で読んでしまったけれど、魔性の女モノというわけではないなぁ。
    家族モノの小説わけでもないし。

  • なかなか引っ張り込まれたけど、後味が……

  • 血は争えない。。
    親友をあんなふうに殺されたのに、、幸せになれるわけないでしょーが。
    途中で先の展開も読めてしまい予想通りのラストでしたが。。
    郁子の両親は、いくらなんでもって感じでした。ヽ(゜Д゜)ノ

  • 確かに禁断でした。意外性はズバ抜けていた。初っ端過ぎからなんとなく展開は読めたが最後の締めかたが強引過ぎる。まぁしゃーない気はするが・・・

  • 守るべき弱者が最凶だったって展開が見えてきても、やっぱりそうじゃない結果を期待しつつ、エピローグをまで読んで『やっぱりなぁ〜』と後味の悪さを感じる、と。明野照葉さんの作品に期待するものはしっかり盛り込まれていたと思います。

  • 途中までは、邦彦に迫るものが何なのかわからなくて
    サスペンス感ばっちりだったけど、案外早く正体がわかってしまうので
    どこでどんでん返しがあるのかとワクワク。
    だけど結末は普通すぎて、逆に意外。

  • おもしろかった。2日くらいでイッキに読めた。

  • 親友の死の原因を探る中で、知り合った謎多き
    主人公は、彼女が親友の死の真相を知ってると踏みながら、徐々に惹かれて行く
    彼女が語った驚愕の真実
    歪んだ愛情の行き着く先に、待ち受ける恐るべき真実

    あり得ないけどありそうな展開に恐怖

  • 魔性の女。近づく男に災厄をもたらしていたものの正体は…。

全11件中 1 - 10件を表示

禁断 (中公文庫)のその他の作品

禁断 (中公文庫) Kindle版 禁断 (中公文庫) 明野照葉
禁断 単行本 禁断 明野照葉

明野照葉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする