流転の王妃の昭和史 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.73
  • (2)
  • (5)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (323ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122056596

作品紹介・あらすじ

軍部の政略から満州国皇帝弟の溥傑に嫁ぐも、終戦後は夫と離ればなれになり次女を連れて混乱する大陸を流浪。帰国してからは物資不足の苦しい生活、そして長女の死…日中のかけはしとして、激動の人生を生きぬいた、ひとりの女性の自伝的昭和史。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 世の中のことを大体知らない僕は、例によってこの愛新覚羅 浩さんのことも存じていなかったわけで、最初は正直「なにこの名前、ラノベのキャラ?」などと思っていたのですが、今となってはその数日前の自分をぶん殴ってやりたいですよ。

    政治の都合によってこんなドラマチックな生き方をせざるを得なかった方が、近世の日本にいたことを僕たちは忘れてはいけないのだと思います。どんな感じだったかというと説明が難しいので、詳しくはWikipediaとか見てください。

    まあそんな浩さんの波乱万丈な生き方は別としても、上流階級スゲーってなることが色々あったので、僕も貴族に生まれたかったです。

  • (欲しい!/文庫)

全3件中 1 - 3件を表示

流転の王妃の昭和史 (中公文庫)のその他の作品

愛新覚羅浩の作品

ツイートする