赤いべべ着せよ… (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.14
  • (6)
  • (12)
  • (40)
  • (12)
  • (1)
本棚登録 : 236
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122056664

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ところどころ、う~ん・・・な点はありつつも、面白く読めました。
    一番の元凶は、勝手なことをしたオッサンなのか・・・。

  • 怖いー!
    正直、途中で犯人は分かるんだけど、人間のえぐさが恐ろしすぎる。
    普通、この手の話は、美貌の主人公って愛され守られるはずなんだけど、心理的にここまで虐げられるのも珍しい。
    周りから、疫病神扱いされ、子供とも分かり合えない。それどころか、グリムの原典版白雪姫の母のごとく、自分の足手まといでいつか、美貌を奪い取る娘を疎ましく思い出す。
    相変わらず、リアル嫌な女を描くのがうまい。
    惜しむらくは、もう一人のキーパーソンである高畑と千鶴子の交流をつっこんでかいてないので、余韻が少ないかな。

  • こわいのにどんどん読み進めてしまうホラー?というかミステリーなのかな。
    わたし自身、小さい頃本当にこわかった、ことろにまつわる幼女殺人事件。ゾッとする不気味さが、夏にぴったり。
    主人公と娘さんがぶじで、そこに救われたし、最後に、高村先生の母のシーンがあり、ちゃんとなぞを回収しているところが良かったかな。

  • 犯人 高村郁江

  • 2015.05.12読了☆

  • 童歌や鬼女伝説等の不気味な雰囲気と、人の弱さや醜さといった負の要素が合わさって不安感を煽ります。仲が良かった幼馴染みが、事件の当事者になった途端、主人公に理不尽な怒りを向けてくる辺りは、人の心のあまりの変わりように怖くなりました。とは言うものの、果たして私が同じ立場ならばどうなるのでしょう。できることなら自分を見失うことなく生きていきたいものだと思いました。

  • 人間自分が素直に直視できないような事がおこると…確かに現実逃避していきがちなのだろうな。と思わせる小説。

    感情的になった時が
    冷静な判断がくだせなくなるのは怖い事だなーと深くおもった作品。今まで築いてきたものは簡単になくなってしまう。(最近反省したような事があったので苦笑)

    人を疑うと事は怖い事、また信じる心をなくしてしまったら心は荒廃していくのだなーと思った作品でした。

  • 「子とり鬼」のわらべ歌と鬼女伝説が伝わる街・夜坂。夫を亡くし、娘と20年ぶりに帰郷した千鶴は、幼なじみの娘が殺されたと聞かされる。その状況は、22年前に起きた事件とそっくりだった。その後、幼児の殺害が相次ぎ…。。

    途中で何となく犯人が推測できてしまうという、ミステリーでは残念な展開だった。とはいえスイスイ読ませてしまう作者の安定した筆力は相変わらず。今回もそうだが私の場合、他に読む本がないときに今邑彩は最適か。
    (C)

  • 初めての作家さん。
    わらべ歌と子供を襲う鬼女に纏わるホラー小説。
    ホラーと言うよりミステリー寄りかも。

    とても読みやすく、ハイスピードで読み終えました。
    面白かったのだけれど、やはり幼児が殺される設定が何とも苦手。。
    モヤモヤしてしまう。

    しかし、わらべ歌ってやたら怖いですよね??
    歌詞といいメロディーといい、何だか不安な気持ちにさせられます。

  • ホラーとミステリーの融合が巧みで読みやすかった。ほんの少しだけ出てくる恋愛風が個人的には要らないきがします。

全27件中 1 - 10件を表示

赤いべべ着せよ… (中公文庫)のその他の作品

今邑彩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

赤いべべ着せよ… (中公文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする