六本指のゴルトベルク (中公文庫)

  • 中央公論新社
3.61
  • (4)
  • (12)
  • (9)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 79
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122056817

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • もともとミステリはあまり読まないので、しらない作品ばかりだったけれど、音楽家が登場する小説、音楽が重要なキーとなる小説って意外とあるものなのだとおもった。
    クラシックとジャズの違い、ピアニストでもある著者のようなその道の人が読むとよくわかる音楽家気質のことなど、発見が多かった。こどもを音楽の道に進めたいなんて気軽に思っちゃいけない気がした。

  • 恥ずかしながら、知らないだけで、音楽を扱った本ってたくさんあるんだなあ…というのが読み始めてすぐの感想。それから、出て来る曲を聴いてみたくなる。

  • 祝文庫化。

    中央公論新社のPR
    「古今東西の音楽小説やミステリーに取り込まれた、クラシックの名曲。無類の読書家でもあるピアニストが、音楽と文学の魅力的な出会いを綴る。第25回講談社エッセイ賞受賞作。 」

全15件中 11 - 15件を表示

著者プロフィール

ピアニスト・文筆家。安川加壽子、ピエール・バルビゼの両氏に師事。フランス国立マルセイユ音楽院首席卒業。東京芸術大学大学院博士課程修了。一九九〇年、文化庁芸術祭賞受賞。演奏と執筆を両立させ、『翼のはえた指 評伝安川加壽子』で吉田秀和賞、『青柳瑞穂の生涯』で日本エッセイスト・クラブ賞、『六本指のゴルトベルク』で講談社エッセイ賞、『ロマンティック・ドビュッシー』でミュージックペンクラブ賞を受賞。大阪音楽大学教授、日本ショパン協会理事。

「2018年 『ドビュッシー最後の一年』 で使われていた紹介文から引用しています。」

六本指のゴルトベルク (中公文庫)のその他の作品

六本指のゴルトベルク 単行本 六本指のゴルトベルク 青柳いづみこ

青柳いづみこの作品

ツイートする