六本指のゴルトベルク (中公文庫)

  • 中央公論新社
3.61
  • (4)
  • (12)
  • (9)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 79
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122056817

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ピアノを弾くものとしての「あるある」が散りばめられたエッセイだった。ミスタッチを許さない日本人の話がすごく頷ける。私の大好きなル・サージュはミスタッチが比較的多いけど、音楽的なミスタッチだからいいんだよね。音楽的で音色が素晴らしいもの。ああなりたいけど、やっぱり、気にしちゃう。あとは、舞台に上がって、1つミスすると、これでもう完璧な演奏はできないのだからと、緊張が解けてリラックスできるってのも分かる気がした笑 文学と音楽を絡めたエッセイだけど、あまり文学の方は気にしませんでした。

  • 絵と同じで、音楽についても、絵を描いたり楽器を演奏したりしたことのある人にしかわからないことがある。
    実際に創作したことのない批評家の書く文章が、創作する側から見たらものすごく白ける内容に思えたりするのは、たぶんそこで多かれ少なかれ断絶があるのだろう(批評家の文章も、その点で意義はあるのだろうけれど、しかし絶対に埋められない溝がある)。
    青柳さんは自身ピアニストでありながら、その自在な言語表現を駆使して、音楽を創造、演奏する側と、聴く側との橋渡しをしてくれている。
    その媒介として、彼女は音楽を題材としたフィクションを毎回取り上げる。
    ピアノを演奏したことのない人が読めばつまらなさそうな小説も、音楽家が読めばかくも面白く身につまされるものになる。そのギャップを知ることができるエッセイ。ところどころで驚かされた。

  • まさかエルロイがでてくるとは思わなかった。クラシックっつうと刑事や探偵というよりスパイな気もするけど、やっぱり古典か純文学のがしっくりする。「ピアニスト」はやっぱり原作よんどいたほうがいい気がしてきた(今更)。あとは「田園交響楽」と「ある人生の音楽」あたりが読みたくなった。

著者プロフィール

ピアニスト・文筆家。安川加壽子、ピエール・バルビゼの両氏に師事。フランス国立マルセイユ音楽院首席卒業。東京芸術大学大学院博士課程修了。一九九〇年、文化庁芸術祭賞受賞。演奏と執筆を両立させ、『翼のはえた指 評伝安川加壽子』で吉田秀和賞、『青柳瑞穂の生涯』で日本エッセイスト・クラブ賞、『六本指のゴルトベルク』で講談社エッセイ賞、『ロマンティック・ドビュッシー』でミュージックペンクラブ賞を受賞。大阪音楽大学教授、日本ショパン協会理事。

「2018年 『ドビュッシー最後の一年』 で使われていた紹介文から引用しています。」

六本指のゴルトベルク (中公文庫)のその他の作品

六本指のゴルトベルク 単行本 六本指のゴルトベルク 青柳いづみこ

青柳いづみこの作品

ツイートする