日本の近代3 - 明治国家の完成 1890~1905 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.63
  • (1)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 58
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (493ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122057401

作品紹介・あらすじ

明治憲法制定・帝国議会開設と近代国家へのスタートを切った日本は、内には藩閥と民党の抗争、外には日清・日露の両戦争と、多くの試練を迎える。帝国主義国家としての相貌をあらわにしはじめた日本、そして危機を乗り切った明治天皇の指導力とは。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 明治憲法制定、議会の設立から日清、日露戦争までの日本政治史をまとめている。

    参考資料が当時発刊された雑誌にまで及んでいる。ただ単に政治の流れを追うだけでなく、人物まで焦点が及んでいる。さらに、筆者なりの歴史の評価がなされており、立場はどうであれ、好感が持てた。

  • 世紀の意識◆世紀末の明治・新世紀の明治◆国会前夜◆初期議会と大津事件◆世紀末の国会対策◆日清戦争と三国干渉◆藩閥と政党の提携◆日露戦争と国家の完成

    編集委員:伊藤隆(1932-)、猪木武徳(1945-)、北岡伸一(1948-)、御厨貴(1951-)
    著者:御厨貴(1951-)

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

御厨貴

1951年(昭和26)東京都生まれ。東京大学法学部卒業。東京都立大学教授、政策研究大学院大学教授、東京大学教授を経て、東大先端研客員教授(名誉教授)、放送大学客員教授。サントリー文化財団理事、サントリーホールディングス株式会社取締役。東日本大震災復興構想会議議長代理(2011年4月~12年2月)、復興庁復興推進委員会委員長代理(2012年2月~13年3月)、「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」座長代理(2016年9月~17年4月)などを務める。著書に『明治国家形成と地方経営』(東京市政調査会藤田賞)、『政策の総合と権力』(サントリー学芸賞)、『東京』、『馬場恒吾の面目』(吉野作造賞)、『権力の館を歩く』『平成の政治』(共著)などがある。

「2020年 『天皇退位 何が論じられたのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

御厨貴の作品

ツイートする
×