針がとぶ - Goodbye Porkpie Hat (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
4.01
  • (53)
  • (61)
  • (34)
  • (9)
  • (0)
本棚登録 : 649
レビュー : 66
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122058712

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何とも上質で、何とも非日常的で、なのにとてもアナログで豊かな日々が綴られた、まさに吉田篤弘ならではの作品です。
    読み終わってしまうのがもったいなくて、毎日寝る前に少しずつ読みました。

  • クロークルームで物思いに耽りつつ本を読める仕事をしたい‼という気持ちにさせられる情緒的な作品でした。

  • 物語たちがひっそりと肩を寄せ合う、短編(連作)集。
    解説で小川洋子氏も言っているように、この物語は長編とも、短編集とも、連作短編とも表現しづらい。
    物語は絶妙なバランスで繋がり合っているが、密接ではない。
    それぞれの物語を拾い集めていくうちに、やがて見えてくる物語がある。そんな一冊。

    吉田篤弘はいいなぁ、と改めて思った作品。

    <収録作品>
    針が飛ぶ/金曜日の本――『クロークルームからの報告』より/月と6月と観覧車/パスパルトゥ/少しだけ海の見えるところ 1990-1995/路地裏の小さな猿/最後から二番目の晩餐

    extra story
    水曜日の帽子――クロークルームからのもうひとつの報告

    解説 肩を寄せ合う七つの物語 小川洋子

  • 何故か、毎年秋になると、読み返したくなる本。
    全部の話が大好きすぎる。

  • 続いてるような続いていないような
    居眠りしながら読んだ感じ

  • 月と6月と観覧車 のはなしがすごくよかった。お互いの思いはあれど、なんだかすれちがっているような。

    7つの短編と、文庫には追記がすこし。
    祖母の詩は、ホワイトアルバムに繋がってる。
    古い映画のことや、知らない本のことが、あっちこっちで、なんとなくつながってる。人と人の間にともる常夜灯のほの明るい光を、見逃さずにとらえ、それを文章にした稀有な作品だとおもう。気に入ってもらえそうな人に差し上げたい。

  • 7つの短編集。全く別々の話かと思いきや、実はゆるゆると繋がっている。そのゆるゆる具合が絶妙で心地いい。パスパルトゥのキャラクターが素敵だった。

  • 装丁と中の字体に惹かれて購入した本。

    なんとも不思議なお話だった。
    ひとつひとつのお話が終わるたびに
    「わ、おわった。」
    と驚いてしまうほど、どれも腑に落ちない結末だった。

    しかし、本の頁が後半にさしかかった所で、
    「ああ、そうか。」
    と納得した。

    まだお話は終わっていなかったのだ。
    ここに出てくる登場人物たちは、すべて同じ世界を生きていた。

    ただ、一読しただけでは見落としてしまった所が多すぎるので、今はまだ星はつけずにまた読んでみようと思う。

  • 目次より
    ・針がとぶ
    ・金曜日の本-『クロークルームからの報告』より
    ・月と6月と観覧者
    ・パスパルトゥ
    ・少しだけ海の見えるところ1990-1995
    ・路地裏の小さな猿
    ・最後から二番目の晩餐
    extra story
    ・水曜日の帽子-クロークルームからのもうひとつの報告

    七つ+一つの短編集。
    テイストは全部違うけれど、よく読んでみればすべてが一つの物語。
    レイモン・クノーの『文体練習』のように、くるくる表情を変える出来事。
    翻訳家で、手にメモを書くのが癖。ポークパイ・ハットが好きで遊園地の駐車場でアルバイトをしていたこともある伯母さんをめぐるあれやこれや。

    “ある”と“ない”の間にある“あったはず”のもの。
    登場人物たちが捉われている“あったはず”のものものは、なんと魅力的なことか。

    CDにも音飛びがあるが、飛ぶ前の音と飛んだ後の音の間にあるものは“無”。
    でも、LPの音飛びの間には、無限の音が挟まっているような気がする。

    傷がついてしまって必ず音がとぶレコードは、伯母さんが持っている唯一のアルバム、ビートルズのホワイトアルバム。
    『フィンガーボウルの話のつづき』でも大きな役割を担ったアルバムなので、何かの伏線になっているのかと思ったけれど、よくわからなかった。

    見えているものの陰にある芳醇な世界。
    それをそっと覗かせてもらえる、そんな読書。

  • もう一回読んで面白さを体に染み込ませたい。小川洋子さんの解説もよかった。

全66件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

吉田篤弘

1962年東京生まれ。小説を執筆するかたわら、「クラフト・エヴィング商會」名義による著作と装幀の仕事を続けている。2001年講談社出版文化賞・ブックデザイン賞受賞。『つむじ風食堂の夜』『それからはスープのことばかり考えて暮らした』『レインコートを着た犬』『金曜日の本』『京都で考えた』『あること、ないこと』など著書多数。

「2019年 『天使も怪物も眠る夜』 で使われていた紹介文から引用しています。」

針がとぶ - Goodbye Porkpie Hat (中公文庫)のその他の作品

針がとぶ Goodbye Porkpie Hat 単行本 針がとぶ Goodbye Porkpie Hat 吉田篤弘

吉田篤弘の作品

ツイートする