戦争の世界史(上) (中公文庫)

制作 : 高橋 均 
  • 中央公論新社
4.04
  • (23)
  • (15)
  • (11)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 461
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (477ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122058972

作品紹介・あらすじ

人類はいかにして軍事力の強化を追求し、技術・軍事組織・人間社会の均衡はどのように変遷してきたか。各専門分野を自在に横断し、巨大な全体像を描きだす野心的世界史。上巻は古代文明における軍事技術の発達から、仏革命と英産業革命が及ぼした影響まで。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  著者の疫病の世界史がミクロの寄生、本書がマクロの寄生を扱ったもの。全体として、ミクロとマクロの寄生という整理をしたこと自体が新しかったのだろうけれど、それはもっぱらミクロ寄生の影響度が過小評価されていたことによるのであり、改めてマクロの方に焦点を当てても語る内容には新鮮味がなかったように感じた。
     例えば、ミクロとマクロを並べて、栄養的な観点で農民層への影響度の計算などをしていれば驚きだったかもしれない。でも、おそらく情報不足で無理だっただろう。

  • 士農工商...「人が作ったものを売るだけ」として蔑まれた商人階級。しかし、余剰品の交換から始まった市場経済は次第に必需品の調達に不可欠な基盤に成長する。そして軍事技術・軍需物資が市場に依存するようになったとき、「商」は士農工はおろか王や国家以上の力を持つ存在になる。
    強力な大帝国が市場を国家に従わせられた東洋と、国家間の力が均衡したことで国家から独立した市場が存在し、やがては国家のルールを市場原理に合わせることで発展した西欧先進諸国。
    「道徳」に力を求めた東洋と、「欲望」に力を求めた西欧の抗争は西欧の完全勝利に終わった。

    「戦争のビジネス化」とは「金持ちが勝つ世界」のことであり、「金持ちが勝つ世界」とは資本主義そのものである。

  • 中国とヨーロッパを対比させながら、文章を進めていたのが面白かった。
    基本的に文官が武官の上に存在し、儒教の思想により国が経済を統制し続けた中国が画期的な技術や自由な交易の発展を阻害してしまったのに対し、複数の国家が存在したおかげで競争が生まれ、持続的な発展を遂げることができたのは何たる皮肉だろうか。
    国家の統制が上手く行っていた方が結果的に発展が遅れてしまうとはね。
    そう考えるとヨーロッパ、アメリカからは大きく離れ、中国とは交流できるが直接的な繋がりの少ない日本列島の位置は恵まれているな。
    銃や大砲の製造にも歴史がある事も感じたな。蒸気機関の登場が大砲の生産に影響を与えるとは思わなかったよ。戦国日本では精度の低いものしか作れないんだろうな。
    細かい話だけど、ナッサウ伯マウリッツの火縄銃を後退しながら撃つ背進攻撃(カウンター・マーチ)、戦国大名の島津家が火縄銃を前進しながら撃つ繰り詰めと似た戦術がヨーロッパとアジアで同時期に生まれていたことはすごく興味を持たされた。

  • シカゴ大学歴史学者による、軍事に焦点を当てた世界史。紀元前からの武器や戦術、軍事と政治、それを支える経済など、軍事に焦点を当てた世界史になっており、参考になった。国家の軍事に関する考え方がよくわかった。
    「紀元前1800年から1500年にかけて、戦車を装備した蛮族出身の征服者たちが、中東のあらゆる文明化された地域を蹂躙した」p38
    「インドでは紀元前1500年ごろ、戦車戦士集団が侵入してインダス文明をくつがえし、インドは暗黒時代に陥った」p39
    「紀元前612年にニネヴェの都を掠奪し、アッシリア帝国を永遠に滅ぼした新戦力は、馬の背中にまたがったスキタイの騎馬戦士だった」p46
    「西暦1000年頃を境に、中国の産業と軍備にめざましい変化が起こった。その内容はヨーロッパと比較して数百年も先んじたものであった。ところがその新しい生産のパターンは、いっときは巨大な規模で展開したにもかかわらず、出現したときと同じくらいのめざましさで崩壊してしまった」p67
    「中国の技術情報(火薬、羅針盤、印刷術など)が外へと伝播するにつれて、旧世界の中国以外の部分に新しい可能性が開けた。それがもっとも顕著であったのが西ヨーロッパであった」p113
    「クロスボウの操作の簡単さは、戦場において身分の格差を解消する働きをした。めっぽう金のかかる装備をした重装騎士が、ちょっと戦場慣れした程度の平民どもに必ずしも勝てなくなったのである」p145
    「今日の世界の軍事バランスを緊張させ続けている軍拡競争もまた、14世紀に始まった」p149
    「実効的な徴税や、長期公債発行による財政資金調達、技術の高い専門職業人による軍事の運営をなしえた都市は、その都市の内政においては平和維持を達成したけれども、組織的暴力につきものの不安定性を解消したわけではなく、それを対外関係と外交と国際戦争の領域に輸出したのだといえる」p166
    「火薬の着想だけでなく、大砲の着想もまた中国に発してヨーロッパに到来したのだとしても、ヨーロッパ人が大砲の設計において、いかなる国民をも凌駕し、この分野での優位を第二次世界大戦まで譲らなかったことは確かである」p171
    「大砲の砲身は破裂しやすかった。最も良い解決法は、鋳物の技術を使うことであった。ヨーロッパではすでに鐘を製造する職人の手で、鋳物の技術が非常に高い水準にまで発達していたからである」p176
    「1600~1750年ローマ)マウリッツ公の軍隊においては、シャベルは剣よりも、さらにはマスケット銃よりも強いとされた(陣地構築重視)」p257
    「(1600~1750年代)ヨーロッパの軍事機構は、地球上の他の民族や国家に割をくわせての経済的・政治的な膨張を維持し、かつそれによって維持されていたのである」p288
    「(18世紀)あらゆる物資の中で一番の難物が馬の飼い葉で、何といっても遠くまで運搬するにはかさばりすぎた」p321
    「マスケット銃や軍服や靴などの手工職人による製作も、国家の造兵廠における大砲の製造も、戦時だからといって一日あたりの生産量を増やすのは容易ではなかった。従って戦争は通例、事前に蓄積されたストックを取り崩して戦われたのである」p322
    「フランス革命勃発時点において、フランス以外のヨーロッパ諸国の陸軍の野砲は、程度の差こそあったがすべてフランスに遅れをとっていた。ところが平和が再来した1815年の時点では、大国はすべてフランスの開戦当時の野砲の水準におおむね追いついていた」p348
    「モスクワからの撤退の過程では、補給システムが完全に破綻してしまったので、ナポレオンの指揮下にあった兵員は少数を除いて全員が戦死するか捕虜になったのである」p414

  • いつものように感想は下巻でとしたいところだが
    そうすると下巻を読み終えるまでに上巻の内容が忘却されることが目に見えているので
    仕方なく感想を書く
    われながら何が仕方ないのか自然に出てきて不思議だけれども

    主題は単純に軍事史総覧でなく戦争の商業化あるいは産業化とされていて
    上巻では1850年までだが一章で1000年まで
    二章で1500年までの中国に焦点をあてるなどにそれが表されている

    1章では後章で当然西洋がなぜ他に隔絶したかの説明に際し
    何度も範にされている古代ローマの成功について
    かなりざっぱり切り落としているのが目につくが
    いってみれば中国と同じく文明の先行が最大の原因であるから仕方ないことか

    2章で中国に焦点を当てているのは先の主題の通り
    宋代になぜ産業革命の先駆といえる状況が達成されなかったに関連する
    水滸伝をみると残当な気もするが
    もちろん歴史ではそういうみんぞくとしてのきしつみたいな曖昧なことでは
    説明にならないから当然ではある

    3章では時代を戻し1000年から1600年に掛けての商業の発展と傭兵という形態に
    火器による変化の兆しが主で
    わりと普通に歴史ものな内容だが
    日本において大砲がまったく活用されなかったのも不思議なことである
    ドリフののぶのぶも大砲なにそれ強いのって感じだし硝石には詳しいのにね

    4章は1600年から1750までで
    戦争商業化と封建制の両立下においてなぜ西洋軍事力がこの時代に突出したかについて
    火器は日本のように極東にも行き渡って集団運用された実績があるので
    ワレンシュタイン(と書いてあるがドイツ語読みならヴァレンシュタイン)の
    一代に終わった軍政の技術でなく
    マウリッツの軍隊統制技術に力を割いている
    以下そこから密集隊形での教練効果について引用
    「上から決められた規則を遵奉するのは軍隊ではあたりまえのこととなったが、それは、規則違反に対して定められた厳しい罰則が怖いからだけではなくて、兵卒たちが、自分では頭を使わない盲目的な服従の姿勢と、軍隊のルーティンのなかのさまざま儀式のうちに、掛け値なしの心理的満足をみいだしたからでもあった。わが部隊への誇りを共有する一体感は、それ以外誇るべきものをほとんど持たない何十万という人間たちにとって、実感のこもった現実であった。(P267より)」
    「いま、ひとりの男を連れてきて、伴奏なしで十五分間踊ってみろと命じたならば、いったいかれはそれに堪えられるだろうか。(中略)行進中に国旗に敬意を表して太鼓を鳴らしていると、兵士たちはそのつもりもなく、それに気づいてさえいないのに、いつのまにかお互いに足並みをそろえて行進しているのである。(p270より)」
    教練のいわゆる「武力」上昇でなく「統率」上昇効果について良く説明されているが
    それが制度化していち早く定着した
    軍制を軍政として完成させたことのほうが大きな達成であり
    それが軍事が国政でなく商業化されていたからというのはわかるようでもあり
    やっぱり古代ローマにおける空前の達成とその後の衰退が謎でもある
    中国が達成できなかったのはわかる

    5章は1700年から1789年まで6章は1789年から1840年で
    急に数字が具体的になったように軍事の産業化も明確になってくる
    産業の方の革命前夜としてイギリスとフランスがなぜこの前後に突出し得たかと
    国家総動員準備や大洋を越えて独立戦争を支えたロイヤルネイビーの活躍がひかる(ちがう)
    これまでと同じくカエサルがすごいチンギスハーンがすごいでないのと同じように
    ナポレオン戦争もフランスの18世紀後半の人口増加とそれ以降の急激な出生率減少などから
    協調しておくとからでなくなどから説明されていてわかる

    下巻に続く

  • 市場と軍事と技術の関係の発展を論じた本。下巻8章まで読了。「戦争におけるヨーロッパ史」が面白かったため関連した本として読んだ。「戦争における~」と重複する内容もあるが、扱う範囲が欧州の外へ広がり、また技術面の進歩に重点を置き、詳細な内容も扱っている。特徴として統制経済と市場経済と対比させ、市場の働きを強調している。特に興味深かった箇所は騎士を時代遅れにしたものへの言及で、「戦争における~」では統率のとれた槍兵が重視されていたが、本著では弩を重視し、装備や騎士への投資が低いことに着目していた。また近代以降軍隊の将校となった貴族階級の保守性に関する記述がより詳細になっていて「戦争における~」とのつながりが面白い。

  • 詳細で骨太

    "世界史"ともちろん重複はあるけど、"適応度の高い突然変異"である軍事(技術/社会)的発明の意味によりフォーカスしている模様。

    しかしこれもまた読み出したら何ヶ月かかかる予感...

    180410
    だがしかし!
    立ち読み15分ほどで既に惹きつけるものがある!

    中身には見合うけど、文庫の割に高いなぁ...

  • 名著『偶然の科学』において、歴史は物語としてしか語り得ないと結論づけられた。
    だが、だからといって原因と結果の探求に意味がないわけではない。

    いや、社会への益としては無意味であったとしても、過去の原因と結果を調べ、並び替え、関連付け、その結果の未来である今の存在を考えてみるというのは、ただそれだけで面白いものだ。

    本書は個々の戦場や戦術をつまびらかに見るのではなく、当時の戦争という手段が、世界とどう関与してきたのかを語る。



    古代から現代に至るまで、戦争の上限とはすなわち投入可能な経済資源の限界であった。
    生産と調達、輸送と補給、人と食料。
    その差がイコール戦力の差となることが常だが、古代においてそれを覆すほどの力となり得たのは、馬の使い方であった。
    戦車、馬上弓、輸送車両、高速機動。
    馬を有効に活用するための戦術は遊牧部族民から多数生まれたが、それでも希少な馬を用いて可能な戦略は一時的な略奪に限られており、継続支配可能なほどの戦力差を有するには、定着農耕民が十分に蓄え、備えるのを待つ必要があった。
    そしてそれを西欧より先んじて超大な規模で成し得たのが、中国だった。

    より広い農地と多くの人民は、富と権力を集中し、分業と交易を発達させる。
    さらに知識が集積すれば、短期的な課税よりも市場の拡大の便益が認識され、繁栄を可能とする。
    だが、同時に発生する暴力の発達とも無関係にはいられない。

    武に優れた集団が政権を握り、他者の力、すなわち軍力を持ち得る富の集中を制約する。
    例えば明王朝時代には西欧の大航海時代を先駆けた大艦隊は朽ちるまま、内地の防御と交易にまわされることとなった。

    市場主義、造船業、海外貿易、鉄鋼生産と全てにおいて西欧の進化過程を先取っていた中国は、かように政治権力が定めた限界に突き当たり、その統治が及ぶ範囲外で力を蓄えた勢力にその地位を脅かされることの繰り返しであった。

    一方その頃西欧は、フルプレート甲冑の騎士と荘園の時代であり、細かな領域に分割された結果の多数の関税の壁とギルドの保護主義が商人の勢力拡大を阻んでいた領主社会であった。

    しかし、東から到着した十進法とそろばんが、農地の代わりに水路を持っていた北イタリアに到着したことにより、商人の集積地としての都市の力は外洋にまで拡大する。
    そこに当然のように差し向けられる近隣領主からの暴力に対して発展したのが、都市から弾き出されたならずものの集まり、傭兵だ。

    税金で雇った傭兵による都市での消費行動、専業としての軍人による長槍と騎馬とクロスボウの連携、船と航海術の進化、全てが歯車となって噛み合った時、騎士と農民の時代である中世が終わり、都市と商人の時代である近世が始まる。

    市場と貿易がもたらすものが繁栄だけでなく、暴力の威力だということはここでも同じ。近隣同士の殴り合いで済んでいた今までの戦場は、火薬と羅針盤により地球の裏側まで到達する威力を得る。

    過去の馬がそうであったように、未来の核がそうであるように、技術の発展が戦場を変えた時、次の制約となるのはその調達である。
    火砲の運搬が簡便な海軍は商人が支配する領域となり、火砲を調達しえない新世界は経済を支配される。
    十分な鉄量が産出可能な鉱山を持った地域に莫大な投資がつぎ込まれ、欧州内の格差が加速する。
    そして改良の余地が大きい火砲は技術革新競争の果て、携帯可能な小銃を誕生させた。

    こうしてプロフェッショナル傭兵の数の時代であった都市の時代は短く、その後は"大砲と小銃の数=経済力"を有した国家の時代へと移りゆく。

    小火器が一兵卒にまで行き渡ったところで戦場の常となる銃撃戦において、その対策として土塁と塹壕が必要となり、専門のシャベル工兵が活躍する姿はローマ時代を思い出させるが、何よりも共通していたのは、軍隊の統制だろう。

    初期の銃火器は狙って撃てばいいというものではなく、火縄を挟み、火皿を吹き、玉を押し込むという習熟が必要な所作を組織だって行うため、何よりも反復練習が必要であった。
    日々繰り返しのつらい訓練は、兵士同士の結束を固くし、個の意志よりも全体を優先する意識をうえ、極限状態にあっても命令に従うことを強制する。
    このためのマニュアルが"教練"として普及することによって、国と軍隊は、間に騎士、都市、商人、市民の何者をも挟むことなく、強烈に直結することとなる。

    個の勇気と筋肉による武勇ではなく、全体の統率と制圧力により戦う『軍隊』
    重火器による一時的な制圧にとどまらず、小火器による長期的な支配を可能とする『軍隊』
    規律よく、絶対的に命令に従うために遠方の統制を任せられる『軍隊』

    このとき誕生した軍隊の哲学は、国が持つ暴力の形というものを定義し、それは今日まで引き継がれている。
    ここに残された発展の余地とは、指揮技術、補給技術、武器技術に組織運営といった線形に予測可能な限界のみであった。

    そして、これらの限界のほとんどは経済力により裏付けされるものであり、『戦争』と『国』と『経済』は深く紐帯する。
    火砲と軍船の調達に失敗したフランス海軍はイギリス・オランダに破れ、新大陸の支配に莫大な戦費を浪費したイギリスはアメリカに独立を許す。
    前例のない規模で増大する戦費を扱う当時においては、支出を上回る収益が見込めない戦争に手を出さないという計算をすることはもちろんできず、ただ戦争に国と経済が振り回される。

    その結実とも言えるものが、近世と近代の境目、戦争が特権階級のものでなく、全国民のものとなるフランス革命だろう。

    軍隊の治安維持によりなされた安定な生活の成果とも言える人口増加というボーナスは、次世代への基盤を用意できなければ職の不足による社会不安という負債になる。
    革命という社会不安の行き着く先でフランスの向かった果ては、自国の負債を他国へ押し付ける戦争であった。

    職、住処、食料、資源。不足しているものは他国でまかない、有り余る人口を他国へ追いやる。
    国家規模の貧困が産んだ民衆の戦争は、全近隣諸国を敵に回し、容易には立ち直れないほどの人口減を味わうまで停止することは出来なかった。

    さて、過去の武器がそうであったように、未来の兵器がそうであるように。
    戦争の技術とは常に真似され、瞬時に広がるものであったが、軍事体制だけはその範疇に収まらない。
    国民が国民のために戦ったフランス国民軍に対し、近隣諸国はむしろ旧態依然の貴族体制と職業軍人の維持を強化する。
    暴発の危険性のある銃火器は、どんなに威力があろうとも、いや、その威力があるほどに危険なものとして扱われるのも当然だろう。

    だが、産業の発展の速度は全ての世界を巻き込んで加速していく。
    軍隊は、そして戦争の"仕組み"はどこまで変容するのか。
    次巻に続く。



    さて、以上に述べた自分が記したまとめは、まったくもって正しくない。
    歴史という複雑系を、物語として記すために要約した本書から、さらに自分なりに語りやすく抽出した、世界史の切れ端でしかない。
    だが、要素を理解するためには流れを把握する必要があり、けれども最初から歴史の全容を掴むことなど不可能で。
    なれば例え間違っていようとも、まずは自分が納得できる範囲で流れを作ることは間違いではないはずだ。

    ここまでで得たものを如何に壊し、如何に修正していくか。初心を忘れずとはそういうものだろう。

  • 戦争するのは大変だねえ。上巻はナポレオンぐらいまで。

  • いや面白い。面白いなどというと誤解を招くかもしれないが、戦争というものの、多角的な見方ができる。早く下巻が読みたい。

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1917年、カナダのバンクーバーに生まれる。1947年、コーネル大学で博士号を取得。現在、シカゴ大学名誉教授(歴史学)。著書『西欧の興隆――人間社会の歴史』(1963年、未邦訳)で、各文明の個別独立の発展ではなく文明間の相互の影響に力点を置いた世界通史を描き、その後の歴史研究に大きな影響を与えた。『西欧の興隆』を基に学生向けの教科書といて書いた『世界史』(1967年、原題:A World History 邦訳:中公文庫)は広く読まれ、日本でもベストセラーとなった。本書『世界史――人類の結びつきと相互作用の歴史』(2003年、原題:The Human Web: A bird's-eye View of World History)は、著者による最新版の世界通史で、世界史概説書として、いま世界で最もよく読まれている1冊である。

「2015年 『世界史 II』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ウィリアム・H・マクニールの作品

戦争の世界史(上) (中公文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする