スカーレット・ウィザード2 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
4.08
  • (14)
  • (13)
  • (8)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 103
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122060036

作品紹介・あらすじ

ケリーは一匹狼の海賊から一転、クーア財閥の副総帥に。間近で接してみると総帥ジャスミンには敵が多かった。政府高官や軍部や、クーアの重役たちが策略を巡らせているのだ。折しも輸送船が行方不明となりジャスミンがクインビーで飛び出したところ、大混乱する事件に発展!誰もが打つ手なしと絶望する中、海賊はなぜか不敵な笑みを-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1巻を超えるハラハラドキドキ。
    夫婦の常識はずれっぷりが臨場感あふれる文章で書かれていて、時間を忘れて読みました。

  • 1に引き続き一気に読ませていただきました。
    ジャスミンの破天荒ぶりには呆れましたが……最初このシリーズ読み始めた時はケリーが主人公かと思ったんだけど、ジャスミン?
    続きが早く読みたーい!!

  •  1巻では「ジャスミンはすごい!」ばかりでケリーの見せ場が無くて不満でしたが、今回はケリー大活躍でした。(それでも「ジャスミンはすごい!」というバックミュージック? のようなものが話の根底にずっと流れていますが……。)
     他の方のレビューでも書かてありましたが、事件に包まれて過ごす、ものすごく変わった夫婦の、ものすごく奇天烈な新婚生活の話です。女の身としては、ハラハラし過ぎて読むのが辛い面もありました。けど、面白かったです。

  • 2016/01/24

  • メモ

    クーア財閥総裁ジャスミンと、海賊ケリーのちょっとじようしきはずれの新婚生活の話。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

茅田 砂胡(かやた すなこ)
小説家、ライトノベル作家。
1992年に『デルフィニアの姫将軍』でデビュー。
『スカーレット・ウィザード』で、第1回(2001年度)センス・オブ・ジェンダー賞大賞受賞。
代表作に、『デルフィニア戦記』『スカーレット・ウィザード』『クラッシュ・ブレイズ』『祝もものき事務所』の各シリーズ。2013年にデビュー20周年を記念した『茅田砂胡 全仕事 1993-2013』が刊行された。同作の「紅蓮の夢」がきっかけで、「茅田先生の作品を、世界観を、幅広く知っていただくこと。茅田作品をもっともっと好きになっていただくこと」を目的に、「茅田砂胡プロジェクト」が結成。

スカーレット・ウィザード2 (中公文庫)のその他の作品

茅田砂胡の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする