ユートピアと性 - オナイダ・コミュニティの複合婚実験 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (380ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122060814

作品紹介・あらすじ

アメリカで生まれた数多くの「ユートピア」の中でもひときわ異彩を放つのが、J・H・ノイズが創立したオナイダ・コミュニティである。「隣人愛」を徹底し、親子の愛や特定男女間の恋愛を厳しく糾弾。教祖ノイズらが信者のセックスをも管理し、やがて優生学的生殖実験を始める。この「理想の共同体」が迎えた結末とは-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんか、ジョン・ノイズといふをっさんが、いろいろを考へた果てに、「複合婚(乱婚でなくてa25歳までは中出し禁止b異性から「やらせて」と言はれたら断ってはならない といふ厳しい法律はある)」他いろいろ過激なアレを作り、同志を募って、オナイダと言ふところでユートピアを作る。
     罠を作り“外国”であるアメリカへ輸出、自身のキリスト教観を新聞にして発行、家族、恋愛の禁止によってできる理想的な世界、が三十年だけ現世に出る。
     男女は一応平等で、子供は一応みんなで育て、イノベーションはないものの彼らの作る罠は好評で、病気になるとその原因である悪魔へかける罵詈雑言がかなり嫌だけども、ユートピアっちゃユートピアができ、そんでファーザー・ノイズのアレにより崩壊する様が描かれる。
     はー。(一種の貞操帯として女性は幼稚園の制服を着せられてゐたと言ふのが頭をぐるぐる 貞操帯ですかふーん)

全1件中 1 - 1件を表示

倉塚平の作品

ツイートする