SROVI - 四重人格 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.74
  • (17)
  • (68)
  • (44)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 324
レビュー : 47
  • Amazon.co.jp ・本 (551ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122061651

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新たなるヒール誕生。これまでの悪役にもそろそろ飽きてきたところなのでちょうどよかった。これは次作以降に逃げ切ってシリーズ化するかと思いきや急転直下で捕まっちゃって嬉しいやら悲しいやら。複雑な心境。

  • 20190212 読了

    覚書
    第一部 クリーナー
    第二部 リッパー
    暖三部 ネフェルティティ

    前作の房子の話みたいに、今回のシリアルキラーの
    生い立ちも知りたくなった。…全員の(笑)
    あと1冊、ブラックナイト読めば新刊待ち~

  • 警察小説
    東京と秋田で、トリカブトによる毒殺事件が発生。手口に一貫性がなく、同一犯か複数犯か絞れず捜査は難航していた。その最中、耳や手首が切り取られた惨殺死体、銃殺死体が東京近郊で相次いで見つかる。すべての現場に残る同一人物の指紋から、SRO室長の山根新九郎はある仮説を立て犯人に迫っていく。

  • シリーズ6作。今回のターゲットは四十人格を持つ暗殺者。犯人の心理描写や行動とSROの捜査過程が平行して描かれるいつもの手法で,謎解きとはまた違ったおもしろさがページを繰る手を止めさせない。メンバーの人間臭さもいい味付けになっている。室長は格好いいのか格好悪いのか?

  • シリーズ第6弾。前作の房子エピソード0からの続きな感じ。
    房子とはまた違う怖さのあるシリアルキラー。分厚いけど、テンポ良い展開でページがどんどん進んでいく。
    万全ではないメンバーもいるけど、やっぱりSROメンバーが揃うのは安心する。山根室長、冴え冴え。でも、花子さんはどうかと思う。。

  • シリーズ第6弾。最凶のシリアルキラー・近藤房子が捕まり、物語はどのような展開を見せるのか非常に興味があったのだが…

    長らく戦列を離脱していた木戸沙織が復帰し、さらにはボディーファーム事件で深傷を負った芝原麗子、家庭の問題で休職を余儀無くされた尾形洋輔も復帰し、久々にSROのメンバーが勢ぞろいする。そんなSROのメンバー前に立ち塞がるのは新たなシリアルキラーだった。

    本作に登場したシリアルキラーは近藤房子ほどの強烈なインパクトは無いものの、相変わらず二転三転の展開に山根新九郎の名推理とストーリーは面白い。

    なお、『SRO episode0 房子という女』は、2016年春に文庫化されるようだ。

  • シリーズの中で一番面白かった。Vを飛ばしたのは、近藤房子が嫌いすぎるから。
    なんとなく伊坂幸太郎の殺し屋シリーズを連想した。

  • 今のところ、最新作。4重人格のうち、1番目と2番目が主役。ちょっと3,4番目の人格は、あまり表立ってこないので、やりすぎのような気がする。
    ただ、6冊目にて、SRO捜査室のみんなの私生活の悩みが少しずつ、ほぐされていくのがうれしく思えた。

  • 富樫綸太郎による広域捜査専門集団の活躍を描くシリーズ第6弾。
    タイトルにあるように、本作は多重人格の登場人物が存在する。その人格も当初はA、Bなど記号で、やがてその特徴を表した呼び名で、最終的には判明している人物の名前で呼び表され、読み進めるにしたがってその人物の詳細が露わになる構造となっている。
    SROのメンバーの周りの人間関係もさらに複雑化する。新九郎と花子がいい雰囲気になってきたかと思いきや、そこに割り込んだ人物に花子の気持ちが傾いていったり、麗子を心配する人物と少しいい雰囲気になったかと思うと1人に戻った麗子からは彼の存在はなかったかのごとく軽いものになったり。
    本シリーズがどこまで続いていくのかわからないが、こうも複雑化しすぎるとシリーズが中途半端に途切れてしまう懸念を抱いてしまう。もちろん、物語の中では時間が1年と経っていないため、あまりアッサリとまとまったらおかしいだろうが、あまりに登場人物たちが幸せそうでないのが気にかかる。

  • 帰ってきたぜ!!SRO!!!!!

    休職組も復帰だぜ!!

    久しぶりにメンバー全員が顔をそろえて新たなる敵との対決です

    今回のシリアルキラーは殺人自体を生業としている・・・殺しの請負人

    ニヒルでハードボイルド・・・そして多重人格

    さてさて・・・・・・・

    脇で語られるのはSRO面々・・・・それぞれの事情であります

    自身の未来

    家族の未来

    SROの未来

    最終局面のあっけなさには肩透かしの感はありましたが

    こりゃーシリーズまだまだ続くねー

    てな内容で

    楽しみが増えたよー

    とうれしくなるような内容でした(#^^#)

    近藤房子の取り扱いは今後どうなるのか興味津々・・・・・

著者プロフィール

富樫倫太郎 1961年、北海道生まれ。98年第4回歴史群像大賞を受賞した『修羅の跫』でデビュー。「陰陽寮」「妖説 源氏物語」シリー
ズなどの伝奇小説、「SRO 警視庁広域捜査専任特別調査室」シリーズ、「生活安全課0係」シリーズ、『早雲の軍配者』『信玄の軍配者』『謙信の軍配者』の「軍配者」シリーズなど幅広いジャンルで活躍している。


「2019年 『スカーフェイス3 ブラッドライン 警視庁特別捜査第三係・淵神律子』 で使われていた紹介文から引用しています。」

SROVI - 四重人格 (中公文庫)のその他の作品

富樫倫太郎の作品

ツイートする