革新幻想の戦後史 下 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
4.00
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 50
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (377ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122061736

作品紹介・あらすじ

大学キャンパスを支配した"革新幻想"は、何をもたらし、どのようなねじれが生じたのか。そしてインテリと大衆の境目がなくなった現在、社会はどこへ向かうのか。左派と保守の二項対立では要約できない「あの時代の空気」を様々な切り口から掬い上げる。文庫版下巻には補論「鉄のトライアングル-進歩的文化人・岩波・朝日」を増補。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 単行本で既読。

  • 〈革新幻想〉は何をもたらし、その結果どんなねじれが生じたのか。左派と保守の二項対立では要約できない「あの時代の空気」を様々な切り口から掬い上げる。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1942年佐渡生まれ。京都大学教育学研究科終了後、関西大学を経て京都大学教育学部教授等を歴任。現在は関西大学東京センター長。

「2019年 『大学の問題 問題の大学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹内洋の作品

革新幻想の戦後史 下 (中公文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×