怒り(下) (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.92
  • (282)
  • (493)
  • (252)
  • (44)
  • (11)
本棚登録 : 3061
レビュー : 399
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122062146

作品紹介・あらすじ

山神一也は整形手術を受け逃亡している、と警察は発表した。洋平は一緒に働く田代が偽名だと知り、優馬は同居を始めた直人が女といるところを目撃し、泉は気に掛けていた田中が住む無人島であるものを見てしまう。日常をともに過ごす相手に対し芽生える疑い。三人のなかに、山神はいるのか?犯人を追う刑事が見た衝撃の結末とは!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【感想】
    人を心から信じる事の難しさ。そして、自分が人に信じてもらう事の難しさ。
    それがこの作品のメインテーマでしょう。
    物語自体のミステリアスな描写や、真犯人である田中の猟奇性も目に留まったが、やっぱり「信じることの難しさ」が読んでいて痛切に心に残った。
    そういう意味で、人と人とのつながりを表すヒューマンドラマだったんだなと読み終わって感じた。

    特に、上巻に続き、優馬と直人の友情には心にグっときたね。
    結局、二人は死別してしまったが、直人は最期まで優馬の事を信じていて、優馬は直人に対する誤解を解くことができ、そのあたりは読んでいてちょっと涙がこぼれました。
    (読者である自分さえ、心のどこかで直人を信じてやれなかったので・・・・)

    そして、もう一組の田代・愛子親子のエピソードも、結局は途中で田代の事を信用できなくなってしまったのだが、最終的に元の鞘に収まって良かった。
    この2組が特に、相手の事を信じながらも疑ってしまう葛藤を繰り返していたので、月並みな言い方だがハッピーエンドで終えて安心しました。
    逆に、田中の最期は呆気なさすぎたが・・・笑

    最後に、事件を追っていた刑事も、この3組と同じように「この人を信じきれない」という悩みをプライベートで抱えていて、こちらは他と違ってバッドエンドで終わってしまったのが可哀相だった。
    普通に言えばよかったのに。。。笑

    ていうか、この吉田修一は「パレード」の原作者でもあるんですね。
    映像化されている作品が多くて、素晴らしい作品が多いなぁ。
    機会があれば、この作者の別の作品も読みたいなと思いました。


    【あらすじ】
    山神一也は整形手術を受け逃亡している、と警察は発表した。
    洋平は一緒に働く田代が偽名だと知り、優馬は同居を始めた直人が女といるところを目撃し、泉は気に掛けていた田中が住む無人島であるものを見てしまう。
    日常をともに過ごす相手に対し芽生える疑い。
    三人のなかに、山神はいるのか?犯人を追う刑事が見た衝撃の結末とは!


    【引用】
    1.中学卒業後、直人は施設を出て静岡県の自動車工場で働きながら定時制の高校に通い、卒業後に都内の小さな旅行会社に転職、国家資格も取ろうとしていた。
    だが丁度その頃、心臓に疾患が見つかり、薬を飲みながらうまく付き合っていくしかない病気を持つことになる。
    直人は体調が悪くなっていき、勤め先は働き方を工夫してくれたが、結局退職を決める。
    優馬はその直後に直人と出会った。

    2.上野署から電話があったその前日、上野公園の茂みに倒れていた直人が発見された。
    司法解剖の結果、死因は心臓疾患による呼吸停止であった。
    上野署から電話があった時、俺はあいつを裏切った。大西直人という男など知らないと言った。
    あの時、俺は逃げた。あいつを裏切って逃げたのだ。


    【メモ】
    怒り 下巻


    p231
    直人がそんな男ではないと分かっていたくせに、最後の最後で信じてやれなかった。上野署から電話があった時、俺はあいつを裏切った。大西直人という男など知らないと言った。
    「知りません。」
    あの時、俺は逃げた。あいつを裏切って逃げたのだ。


    p252
    「このカフェであった時、直人、初めて優馬さんと暮らしていることを私に教えてくれたんです。優馬さんと一緒にいると、なんだか自分にも自信が湧くんだって」

    直人は両親2人に愛されて育ったが、4歳を迎えた頃、両親が交通事故で亡くなった。
    直人は母親の兄夫婦に引き取られたがうまくその家に馴染めず、数ヶ月ほどで施設に預けられた。
    この施設で知り合ったのが彼女だった。以前直人が妹だと言った彼女だ。血は繋がっていないが、今でも兄妹だと思っていると彼女は言った。

    中学卒業後、直人は施設を出て静岡県の自動車工場で働きながら定時制の高校に通い、卒業後に都内の小さな旅行会社に転職、国家資格も取ろうとしていた。
    だが丁度その頃、心臓に疾患が見つかり、薬を飲みながらうまく付き合っていくしかない病気を持つことになる。
    直人は体調が悪くなっていき、勤め先は働き方を工夫してくれたが、結局退職を決める。
    優馬はその直後に直人と出会った。

    上野署から電話があったその前日、上野公園の茂みに倒れていた直人が発見された。
    司法解剖の結果、死因は心臓疾患による呼吸停止であった。


    p260
    美佳は背中を丸めてしゃがみ込み、段ボールの中の猫を撫でながら、「頑張ったねえ、頑張ったねえ」と繰り返す。
    その背中を北見は見つめた。

    ふと、誰なんだ?と思う。
    今、目の前で泣いている女は誰なんだと。

    この背中を信じたい。泣いているこの女を信じたい。彼女が誰であろうと、自分の気持ちは変わらない。目の前にいるこの女を俺は信じている。

    「なぁ」
    その背中に北見は声をかけた。
    「もう、耐えられないんだ。なぁ、俺と結婚してくれないか?調べたんだ君のこと。勿論、悪いと思っている。でも、その上で、君のこと全部知った上で、俺は結婚したいと思っている。一生大切にしたいと思ってる」
    もちろん嘘だった。彼女の過去を調べてなどいない。
    ただ、彼女がどこの誰で、どんな事情があろうとも、自分は彼女を愛し続ける自信があると伝えたかった。

  • 3つの場所での話と殺人事件がどう絡むのかが気になり
    下巻はものすごい速度で読めます。

    ううむ、
    胸の中にどろっとしたようなものが残る作品。
    だからといって読んだ後悔はないけれど。

    相手を信じる大切さ
    もそうなんだけど
    じゃあ信じれば報われるかというとそうでもない。
    信じた人と信じることが出来なかった人、
    どちらかを正解としていないところが良いなと思った。

    ちなみに
    信じることが出来ずに失敗した人は
    反省して今後は相手を信用するかというと
    そうではない気がする。私自身がそういうところがあるからかもしれないけど。

    映画化の配役の観点でいくと
    渡辺謙と宮崎あおいが小説から読む私の印象とは違ったかな。
    もう少しダサい港町の親子なイメージなので
    この2人じゃシュッとしすぎている。

    他は、特に妻夫木聡や森山未來、広瀬すずあたりは適役かなと。

  • 読了後、何とも言えないやるせなさに襲われ、滅入ってしまった。3者3様のささやかな幸せがずっと続いていったらよかったのに、と願わずにはいられなかった。もし自分が愛子や洋平、優馬だったら、素性の知れない田代や直人を信じられたのか。もし泉や辰哉だったら、信じていた田中の本性を知った時に冷静でいられたのかー。人を信じるという行為の難しさを痛烈に感じた。
    信じてもらえなかった愛子、洋平の下から姿を消した田代は最終的には2人の下に戻った。困難もあるだろうが、きっと平穏を取り戻すだろう。直人を信じることができぬまま失ってしまう優馬も、傷が癒えればきっとまた前を向いて歩けるはず。田代、直人サイドは結局、本来何の関係もない殺人事件に翻弄されただけだったのだ。だが、田中を信じてしまったがために、まだ幼い泉と辰哉が最も悲劇的な、取り返しのつかない結末を迎えてしまったことに強く心を痛めた。辰哉の罪が減刑され、罪を償った後は泉と幸せに生きていってほしいと願わずにはいられない。
    ただ、謎も多く残る。山神が犯した殺人事件の本当の動機は結局のところ何だったのか。山神は何に怒り、「怒」の文字を残したのか。山神のサイコパスな一面はどのように形成されていったのか。殺人事件よりもそれに翻弄される人々に焦点を置いた作品とは言え、消化不良感が残った。北見の下から立ち去った美佳の本性も気になる。
    上巻を読んでいる最中は直人が犯人だと自分なりに予想していたが、下巻ではいい意味で裏切られた。読者をはらはらさせる展開も見事だった。
    同性愛、基地問題というテーマが絡んでいたためか、余計に強く感情移入してしまった。発展場や現代のゲイコミュニティの描写は、おそらくしっかりと取材がなされた上での描写だろうと推察される。反面、基地反対運動に関するシーンはもっとリアリティが欲しかった。
    映画のキャストを知った上で読んだので、特に優馬と直人のシーンは妻夫木聡と綾野剛をイメージしながら読み進め、ぴったりのキャスティングだと感心した。映画公開を楽しみに待ちたい。

  • 怒涛に繋がっていく、
    というよりも、
    それぞれの人間が自らの信頼を疑い、
    愛する人物を疑い、
    独りよがりに不安を掻き立てていく様と、
    それらが事件へと集約され、
    何かが起こりそうな恐怖と興奮で、
    一気に読まされ、
    その慄きが頂点に達した時、
    絶望的な結末へと駆け抜けるその疾走感。

    北見の話しを挿入したのは正解。
    そして、希望の回復と、
    これから更に待ち受けるであろう闇との、
    そのまたコントラストが眩い。

    吉田修一節完結、というラストに、
    いやぁ、あっぱれ。

  • 何だこれは。
    言葉が出ない。遣る瀬無いなぁ。

    殺人事件はオマケみたいなもので、これはミステリーではなく恋愛小説だと私は認識しました。

    ゲイカップル、切なすぎるだろ。。

    タイトルのインパクトが大きすぎて、何だかミスマッチな気がしました。
    沢山の謎とモヤモヤが残ったけれど、コレはコレで良いのかも。
    何とも言えない余韻が残っているので浮上するのに少し時間が掛かりそうだなー。

  • あなたは目の前の、自分が愛した人を信じられますか?
    そんな問いかけを、発する作品。
    信じられなかったため、相手は去って行ってしまう。
    信じていたから、相手を許せなかった。
    あるいは、信じていると言っているにもかかわらず、相手は去って行ってしまう。

    しかし、『怒り』とは?

    終盤、信じることができず、一度は去っていく相手と、再会を果たせる人がいる。ここで、読者は救われる。

  • 喪失感と遣る瀬無さを感じた結末。

    やはり、惨殺事件の犯人・山神一也を中心としたミステリー、サスペンスというよりは、間接的に山神一也に翻弄される人びとを描いたヒューマンドラマだった。

    逃亡を続ける山神一也の正体に驚愕することもなく、『怒』の正体も知ることもなく、読み手に精一杯生きることに対する不信感を抱かせるような結末だった。

  • とある企業に就職して間もない頃、訳あって会社の施錠を一人任されたことがあった。防犯カメラも守衛もいない小さな会社で、この人はなぜ私が悪さすることを心配しないのだろうとふと思った。何年も貢献してきた社員ならともかく、人となりさえまだ掴みきれてないだろう人間を相手にだ。

    形のないものが目に見える世界を想うことがある。今の気持ちはこれだと差し出し、これを見てくださいと広げてみせる。その世界はどんなだろうか。想像してみてその後に落胆する。結局そういうものは、目の前に出されても認識できないままなのだろう。彼らの前に現れた人物たちが、みな犯人でなければいいのにと思う。どうして私はそう願うのか。どうして私は最初から彼らを疑うのか。真実を知った時も同じように思うのだろうか。そう思って下巻に進んだ。

    私はずっと人に対して、自分が信じているのだからそれでいいと思っていた。それは傲慢なのかもしれなかった。信頼とは繊細なもので、双方の均衡が必要で、崩れた途端に歪みが生じる。それは自分とは何ら関係のない事件が直接的にも間接的にも引き金になることがある。秘密を持つもの特有の魅力と、それ故に生じる疑念の間で、魅入られた側は激しく揺れる。消えないしこりと引き換えにしかその先に行くことはできないのか。相手の愛情を求めるほど、信じる行為は過酷なものだった。自然と似ていた。

    ここではある殺人事件と、三人の身元不詳の男たちに関わる人間たちの物語によって話が進む。犯人の特徴はその三人それぞれに当てはまるものであり、周りの人間たちは自身の中にある疑いと信じたい気持ちと戦う。その信頼への戦いは対犯人ではなく、家族や自分自身にまで広がる。

    その緊迫は読者にまでおそらく広がっていったはずである。何も知らないことはもちろん疑念に繋がりやすいが、知っているからこそ信じることができないという悲しさ。人を信じる行為は直感と経験と自身の覚悟と、そういう複雑な行為の上で成り立っている。

    私たちはたまたま身元不詳の彼らの一部を知り得た。犯人の怒りも同様に、まだ明かされていない熾烈なものであるかもしれない。やり切れない思いを抱えた彼らの、どこへ放たれない怒りは多くの人間にはこの先も知られることはない。

    余談。
    只々優しい青年である直人をも疑う。完全に物語に埋没した私は優馬を責めきれない。このパートの真相にはどうしても涙が止まらなかった。

  • 20191015上巻読了
    20191016下巻読了

    若い夫婦が自宅で惨殺され、現場には「怒」の血文字が残されていた。
    犯人は山神一也、二十七歳と判明するが、その行方は杳として知れず捜査は難航していた━
    そして、事件から一年後の夏。
    房総の港町で働く槙洋平・愛子の親子、大手企業に勤めるゲイの藤田優馬、沖縄の離島で母と暮らす小宮山泉の前に、身元不明の三人の男が現れた。
    三人の中に山神はいるのか?
    犯人を追う刑事が見た衝撃の結末とは━


    この著者の作品は初めて読んだけど、読みやすくてサクサク進みました-
    『1ト月』の 書き方にも初めて出会ったので不思議な感じがしました。


    途中で“これ映画化したとき話題になったあの作品か-”と気付いて、キャストが脳裏にちらつきました。
    だからって特に感想に何も変わりはないけれど。

    スッキリしないようで、殺人犯のやらかした最大のことが原因でなく比較的ささいなことが自身の最後につながる、ていうのはある意味納得。
    色んな所で不信感とか拒絶のもとを撒いてるのが異質さなのかと。

    理由アリで生まれ育った土地を離れて偽名で生きているひとってどれくらいいるんだろう…


    信じること、信じきることの難しさよ。

  •  面白かった( ´ ▽ ` )ノ

     奇しくも直前に読んだ「レディ・ジョーカー」どうよう、「実際にあった事件をモデルにした群像小説」だったわけだけど、2作ならべてみると見事なまでに対称的で興味深かった( ´ ▽ ` )ノ
     一方は最初から犯人もその狙いも割れており、他方はその反対( ´ ▽ ` )ノ
     一方はモデルの事件に大外から似せていくのに対し、他方は芯こそ似ているものの細部がどんどん事実から外れていく( ´ ▽ ` )ノ
     また、「レディ」はあえて読みづらく書いてあるのに対し、「怒り」はさらさら読めるよう工夫されてる( ´ ▽ ` )ノ
     そういった手法の違いがありながら、事件の起こす波紋・関わった人たちの心の揺れを描いているところはおなじ( ´ ▽ ` )ノ
    (そういや、二作とも登場人物に 問題のある娘と父、ゲイがいるな)

    「怒り」の3青年は一体何者だったんだろう?
     いちおう作中でバックストーリーは明かされているけれど、彼らの主観で語られる文章が一切ないため、その心理は最後まで不明なまま……(。・_・。)
     得体の知れない闖入者・異人が 出会う人の心に変化をもたらすトリックスターものということで、サマー(京極夏彦)の「死ねばいいのに」に似た感じもあるね( ´ ▽ ` )ノ

    「パレード」もそうだったけど、修ちゃんは隠喩が巧み( ´ ▽ ` )ノ
     本作では、なんと言っても離島の廃墟の壁だよね( ´ ▽ ` )ノ
     誰しも心に構えている、壁……その裏側に毒々しい赤色で記されている「怒」の文字……∑(((*゚ェ゚*)))ブルッ
     周り(身近)には必死で隠している秘密が、じつは大洋(世間)にすべて晒されているという……(´ェ`)ン-…
     個人個人にとっては一大問題である身内の不祥事も性的嗜好も事件のトラウマも、じつは世間一般にとって「よくある話、だれにでもあること、自分にはどうでもいいこと」にすぎない……(´ェ`)ン-…
     みなが無視するただの落書きが意味を持つのは、それがスキャンダルのアイコンとなった瞬間……事件現場の「怒」と離島(これまた孤独な現代人の隠喩?)の「怒」がリンクすると とたんにただの「壁」は「あの壁」になる……∑(((*゚ェ゚*)))ブルッ
     事件を起こしたりそれに巻き込まれると、「ホモ」「低能」「孤児」「夜中にふらついてる若い女」などなど非冷遇者に「やっぱりね」とステロタイプな負のレッテルづけがされる……「壁」が、「普通の」自分らと「問題のある」やつらとを分ける仕切り・保証になる……(´ェ`)ン-…

    「壁」の裏側を覗いた者たちの変化がまた興味深かった( ´ ▽ ` )ノ
     少年は信頼と明るさと将来を失い、少女は勇気を得、刑事は愛を亡くし、世間は新しいオモチャをもらって嬉々とする……(´ェ`)ン-…
     一方(直接には)「壁」を見なかった青年と父娘は、ひとまずのところ心の救いを得る……(´ェ`)ン-…

     ……まあ、これが作者の本意だったのか否かは分からないけど、自分はそんなふうに読んだ( ´ ▽ ` )ノ
     サラッと読めちゃうから うっかり見落とした要点も多々ある気がするし、いずれ再読したい良作( ´ ▽ ` )ノ

     修ちゃん、やっぱりうまいしすごいね( ´ ▽ ` )ノ

    2019/02/10

     

全399件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

吉田 修一(よしだ しゅういち)
1968年長崎県生まれ。法政大学経営学部卒業後、スイミングスクールのインストラクターのアルバイトなどを経験。1997年「最後の息子」で第84回文學界新人賞を受賞しデビュー。同作は第117回芥川龍之介賞候補にもなった。2002年『パレード』で第15回山本周五郎賞を同年「パーク・ライフ」で第127回芥川龍之介賞、2007年『悪人』で第61回毎日出版文化賞及び第34回大佛次郎賞、2010年『横道世之介』で第23回柴田錬三郎賞、2019年『国宝』で第14回中央公論文芸賞をそれぞれ受賞。2016年には芥川龍之介賞選考委員に就任している。その他の代表作に、2014年刊行、本屋大賞ノミネート作の『怒り』。2016年に映画化され、数々の映画賞を受賞。

怒り(下) (中公文庫)のその他の作品

怒り 下 Audible版 怒り 下 吉田修一
怒り (下) (中公文庫) Kindle版 怒り (下) (中公文庫) 吉田修一
怒り(下) 単行本 怒り(下) 吉田修一

吉田修一の作品

怒り(下) (中公文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする