文明の海洋史観 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.71
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122063211

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 歴史の中心は、欧州か。否。

    海洋アジアから生まれたインパクトが
    アジアとヨーロッパに文明をもたらしたのである。


    西洋史観が一般的に語られる昨今、
    その偏重した見方から脱するべきである。

    東洋が見直される時代に求められる
    歴史の見方が、ここにある。

    いわれてみると確かにそうだと納得させられる説である。

    アジアこそ、世界に伍していく力がある。


    故・梅原猛氏を師匠に持つ川勝静岡県知事の
    学説は、師匠に似て突飛であるが、一定の層を獲得する。
    そこには日本人としての心があるのかもしれない。

    さて、陸地偏重の史観から脱して、
    いま海洋史観で物事、歴史を見てみてはいかがだろうか。

  • 「情報革命は近代のパラダイム転換を生むものと予想される」

  • 近代はアジアの海から誕生した―。戦後の通説に挑戦、「太平洋文明の時代」に日本が進むべき道をも提示する。第8回読売論壇賞受賞作。〈解説〉木村滋

全3件中 1 - 3件を表示

文明の海洋史観 (中公文庫)のその他の作品

川勝平太の作品

ツイートする