数えずの井戸 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
4.60
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (731ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122064409

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • お菊はなぜ井戸端で皿を数えるようになったのか――満ち足りない心をもてあます侍・播磨と慾のないお菊が綾なす、はかなくも美しい「皿屋敷」の真実。

  • 【メモ】
    ・サイト http://www.osawa-office.co.jp
    ・単行本は2010年に刊行されている。
     なお、著作一覧ページ〔http://www.osawa-office.co.jp/write/kyogoku_list.html〕では、本書〔中公文庫版〕の情報が、2018年01月時点で未だ更新されていない。

    【書誌情報】
    初版刊行日 2017/8/22
    判型 文庫判
    ページ数 736ページ
    定価 本体920円(税別)
    ISBN 978-4-12-206440-9

    お菊はなぜ井戸端で皿を数えるようになったのか――満ち足りない心をもてあます侍・播磨と慾のないお菊が綾なす、はかなくも美しい「皿屋敷」の真実。
    http://www.chuko.co.jp/bunko/2017/08/206440.html

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

’94年『姑獲鳥の夏』でデビュー。’96年『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞受賞。この二作を含む「百鬼夜行シリーズ」で人気を博す。’97年『嗤う伊右衛門』で泉鏡花文学賞、2003年『覘き小平次』で山本周五郎賞、’04年『後巷説百物語』で直木賞、’11年『西巷説百物語』で柴田錬三郎賞を受賞。’16年遠野文化賞、’19年埼玉文化賞受賞。

「2020年 『文庫版 今昔百鬼拾遺 月』 で使われていた紹介文から引用しています。」

京極夏彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×