父のこと (中公文庫)

  • 22人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 吉田健一
  • 中央公論新社 (2017年9月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122064539

父のこと (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2018年1月23日に紹介されました!

  • 戦後の内閣を長年にわたり率いた宰相吉田茂をその息子吉田健一からみた随想録及び大磯で行われた対話集からなる。 政策において言っていることはシンプルで分かりやすく、現代にも通用する内容である。 一つひとつを実現するのに平時の日本ではきわめて多くの時間をかけていることを改めて思い知らされる。

    この親子は独特の関係性というか、やはり父親が宰相であったために近づきがたい時期も長かったのだろう、やり取りの言葉遣いも一定の遠慮を含んでいるようであるが、 対話の内容自体はとても興味深いものだった。

    そもそも、これまで吉田健一の著作に親しんできたが、父である吉田茂に言及したものはほとんどなく、勝手に不仲なのだろうと解釈していたのだが、この本で大きく見方が変わった。息子は父の信奉者であり擁護者であったのだと。

  • 吉田茂と吉田健一という、全く正反対に見えるこの親子はどういう関係なのか?気になってました。
    前に見たNHKのドラマでは、父親の後妻?のことで不仲という設定でしたが、この本に収録された息子健一が書いたエッセイや、親子対談を読む限りでは、引退して余裕のできた父と、成長した息子のいい関係といった感じで微笑ましいです。
    また、読書好きとしては、吉田茂の本の趣味を伺えるのも楽しいです。意外と軽い読み物も好きだったようで、蔵書には「ジーヴス」のシリーズもあったりして、「小説にはユーモアが大事」と言っていたというのは、なんだかうれしかったです。
    また、親子対談では政治の話も多く、今でも通用する部分もあると思います。

  • “再軍備は蟷螂の斧、そんなものを作って貧乏するくらいなら、しないほうがマシだ。これに代わるものとして集団防備なりを考えていけばいいので、日本一国で軍備をするなんて、バカの骨頂だよ。”

  • 吉田健一が父親である吉田茂について書いたエッセイに、父子対談を合わせた1冊。
    膨大なエッセイを遺した吉田健一にあって、吉田茂についての文章はかなり少ないのに驚いた。なんやかんやでもう少しあると思っていた。
    現在、余り目にする機会が無い『大磯清談』が手軽に入手可能になったのは有り難い。
    新装版や再編集版はある意味、コレクターズアイテムのようなものだと思うのだが、没後40年でもあることだし、もう少し色々と出て欲しいなぁ……。

全5件中 1 - 5件を表示

吉田健一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
谷崎 潤一郎
恩田 陸
ジェイコブ ソー...
井上 理津子
本谷 有希子
新保 信長
金原 ひとみ
谷崎 潤一郎
ジョン クラカワ...
ギュスターヴ・フ...
有効な右矢印 無効な右矢印

父のこと (中公文庫)はこんな本です

ツイートする