幕末明治人物誌 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122064577

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 19/03/18。

  • 吉田松陰、西郷隆盛から乃木希典、岡倉天心まで。歴史に翻弄された敗者たちへの想像力に満ちた出色の人物論集。文庫オリジナル。〈解説〉渡辺京二

  • 読んだものの、幕末明治物がピンとこなくなっている。
    戦国時代と並んでスター級が目白押しの政治史に興味が湧いてこない。革命的な断絶より、継続されつつも徐々に失われていくものに関心が移っているような気がする。

    どうやら西郷隆盛や彼に類する人達をどう評価するか、あるいはしないかが、この時代を対象にする史家の試金石になっているらしい。曰く、反動士族の親玉。征韓論という膨張政策の源流。政治的実務的な無能力。明治革命の形骸化に対する最期の決起。等々。呵責のない批判を受けた乃木希典の自刃も同様だ。

    本書には吉田松陰から頭山満まで11人の論考が載っているが、いくつかは妙に断片的で文意もとりづらかったりするものがあるが、渡辺京二の解説によると70年代からパーキンソン病で苦しんでいたという。83年没。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1922~1983年。長崎県対馬(上県郡、現対馬市)生まれ。1945年、東京大学法学部卒業。編集者として活躍しながら1957年に『同時代』誌で「日本浪曼派批判序説」の連載を開始。1958年より明治大学政経学部講師として、後に教授として近代日本政治思想史を講じる。
○主著:
『日本浪曼派批判序説』未来社、1960年、増補版1965年/講談社文芸文庫、1998年。
『歴史と体験』春秋社、1964年、増補版1968年。
『現代知識人の条件』徳間書店、1967年/弓立社、1974年。
『近代日本政治思想の諸相』未來社、1968年。
『ナショナリズム―その神話と論理』紀伊国屋新書、1968年。
『黄禍物語』筑摩書房、1976年/岩波現代文庫、2000年。
『西郷隆盛紀行』朝日新聞社、1981年/朝日選書、1985年。
『昭和ナショナリズムの諸相』名古屋大学出版会、1994年(筒井清忠編)。
『柳田国男論集成』作品社、2002年(原本は講談社学術文庫『柳田国男』1977年。
『橋川文三著作集』増補版全10巻、筑摩書房、2001年。

「2013年 『昭和維新試論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

橋川文三の作品

ツイートする