• Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122064638

作品紹介・あらすじ

気まぐれでミステリアスな〈相棒〉をめぐる、豪華執筆陣による全八篇――新井素子×黒猫の独白、秋吉理香子×野良猫見守り隊、芦沢央×少年名探偵と仔猫、小松エメル×猫になりたがる妹、恒川光太郎×妖怪猫ケシヨウ、菅野雪虫×オッドアイと「死神」、長岡弘樹×高齢者とペットロス、そにしけんじ×探偵ニャンロックホームズ。

いつでもどこからでも手軽に猫を愛でることができる、バラエティ豊かな文庫オリジナルアンソロジー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 猫とミステリーの相性がいいのはその内面が謎に満ちている(何考えてるかわからん)からではないでしょうか。
    アンソロジーなのでどれもミステリーとしては薄味ですが、ストーリーに猫である必然性が(ある程度は)あるので、猫小説としては全然ありでしょう。
    でも恒川氏の『猫どろぼう猫』はホラーです。すげー浮いてる。怖い。
    あと、表紙がダサい。

  • 猫アンソロジー。
    新井さん目当てで買いました。
    どれも面白かった。

  • 恒川氏目当てで購入したが他の作家さんも読みやすく面白かった。

  • 猫が絡んだミステリー集。小松エメルの「一心同体」が面白かったかな。秋吉理香子の「呪い」はオチが予想できるけど、それでもじわりと来るイヤミス。さすがですね。

  • 新井素子さんと小松エメルさん目当てで買いましたが、どなたも面白くて買ってよかった!
    ただ、推理を期待する方は物足りないかもです。「猫どろぼう猫」「オッドアイ」の風味が味わい深く好みでした。

  • ニャンコ本は、つい買ってしまうのです、、、

    中央公論新社のPR
    新井素子/秋吉理香子/芦沢央/小松エメル/恒川光太郎/菅野雪虫/長岡弘樹/そにしけんじ 著
    気まぐれでミステリアスな〈相棒〉をめぐる豪華執筆陣による全八篇――バラエティ豊かな猫種と人の物語を収録した文庫オリジナルアンソロジー。
    http://www.chuko.co.jp/bunko/2017/10/206463.html

  • 猫をテーマにした7編の短編と1作のマンガからなるアンソロジー。初めて接する作家さんが多かったが、それぞれ楽しめた。
    【黒猫ナイトの冒険/新井素子】
     一番ミステリ的ではないけれど一番気に入った作品。“あったかいもの”を救出するために思わぬ「冒険」をする羽目になった黒猫ナイトの冒険譚。でも、いつか殺すとカラスのキングに対して殺意を抱いている点からするとやはりミステリーなのかな?
    【呪い/秋吉理香子】
    悪意に対し悪意で報いるというお話。犯行の手口は分かったが、うまい具合に犯行が成立するかどうか。かなり偶然に頼らざるを得ないのでは?
    【春の作り方/芹沢央】
     失敗を取り繕おうとして知識不足から事件となりそうだったが、大事に至らずよかった。それにしても、洞察力の鋭い水谷君って何者なのか?
    【一心同体/小松エメル】
     過去の犯行が詳らかになっていくという意味で一番ミステリ的な作品かもしれない?
    【猫どろぼう猫/恒川光太郎】
     ミステリというよりも怪談。人間の思惑がうまい具合に物の怪に利用されてしまうというお話。
    【オッドアイ/菅野雪虫】
     少年がついた優しい嘘。でも、いつまでも嘘をついたままにはしておけず、真相を明かすことになるが、ちょっといいお話。
    【四月のジンクス/長岡弘樹】
     仲が悪いようでいて、奇妙な友情も感じる幼馴染の老婆二人。いつか来るその日のために取った行動がちょっとした波紋を投げかける。
    【猫探偵事務所<マンガ>/そにしけんじ】
    私にとっては『猫ピッチャー』でお馴染みのマンガ家の作品だが、最後にこれが収録されていることに読み進めるまで気づかなかった(笑)

  • 気まぐれでミステリアスな〈相棒〉をめぐる豪華執筆陣による全八篇――バラエティ豊かな猫種と人の物語を収録した文庫オリジナルアンソロジー。

  • 秋吉理香子目当てで借りた。なかなかのブラックな話だった。私自身は猫好きだけど猫に好かれないので、どうしたら好かれるかを知りたい。

  • 猫が出てくるアンソロジー。どれも良かった。全部猫目線かと思ったらほとんどが人間目線。「オッドアイ」の少年二人が爽やかでよかった。死んだ猫の目の色を確かめるのがお話のポイントだけど、白猫のオッドアイの確率は高いと思うのでどうなんだろ。

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

一九六〇年東京生まれ。立教大学独文科卒業。高校時代に書いた『あたしの中の……』が第一回奇想天外SF新人賞佳作を受賞し、デビュー。一九八一年『グリーン・レクイエム』で、八二年『チグリスとユーフラテス』で日本SF大賞を受賞した。他の作品に『……絶句』『もいちどあなたにあいたいな』『イン・ザ・ヘブン』『銀婚式物語『未来へ……』等多数。趣味は碁。日本棋院の「囲碁大使」を務める。

「2018年 『素子の碁 サルスベリがとまらない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

猫ミス! (中公文庫)のその他の作品

猫ミス! (中公文庫) Kindle版 猫ミス! (中公文庫) 新井素子

新井素子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

猫ミス! (中公文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする