マレ・サカチのたったひとつの贈物 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.66
  • (9)
  • (13)
  • (12)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 142
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122065567

作品紹介・あらすじ

「読めばきっと、時間を無駄にできないな、と思える、うつくしい作品でした」(伊坂幸太郎さんによる帯コメントより)

世にも不思議な病「量子病」に冒され、世界中を跳躍し続ける坂知(さかち)稀(まれ)。大学の図書館から信州の老婆宅に跳んでしまう午後もあれば、中東で目覚める朝や、ウィーンでオペラに興じる夜もある。これは神のサイコロ選びなのか、一瞬後の居場所すら予測できず、行き先も滞在期間も不明。人生を“積み重ね”られない彼女が、世界に爪痕を残すためにとった行動とは――。これからの「幸せ」の意味を問う、感動のSF長篇!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 切なすぎる、けど、希望あふれる物語。最後の1文を心に刻んだ。 

  • 坂知稀は、量子病という、世界中どこにでも跳んでしまう病を抱えていた。
    跳ぶ瞬間は突然に訪れ、そのとき身につけている青いものだけ一緒についてくる。
    人との別れも幾度となくあった。
    最初は病気に振り回され、自分の意志など関係ないと思っていたが、次第に、跳ぶ先は人間の意志で決まってくるのだと知る。
    生きることをある意味放棄していた主人公が、自分の人生へ光を見出していく。
    どんな人生でも、意味を見つけて、どう生きるかは自分次第なのだ。
    別れがあれば出会いもあり、数えきれない人との出会いが自分を作っていることに気づく。

  • ごめーん、付いて行けなかった。しっとりとした雰囲気の意外にもSF。青ってどの程度の青なんだろう?水色は?柄物は?ってな事ばかり考えてしまったm(__)m挫折。

  • 量子病、といういきなりどこかにワープしちゃう病気にかかった女の子を主軸に書かれてる。

    SFファンタジーなんだけど、どこか現実の現代の未来がこうなってもおかしくないなって思えるくらいには、いい意味で想像に易いファンタジーで入り込みやすかった。
    あと、細かく章が分けられてて、それが唐突なワープ感を上手いこと描写しててすげ〜って思った。

    SNSとか、カップルアプリとか、出会いを求める人間に比例してツールも増えて、その繋がりが切れないツールや仕組みも同時にたくさんあって、それって離れ難いから作られたものだ。
    おじいさんは「別れなど、なぜ、なくてはいけない。」って言った。
    同じ事を思った人が仕組みを作った。

    おかげで、別れて二度と会えなくなる事とかに対して重みが無くなっていってるかもなあって考えた。

    出会いも別れも同じくらい尊いはずなのに。

  • 私たちは量子という波であり
    他の波に留められなければ
    粒子として存在できない。

    出会いのすべてが偶然だが
    それは必然でもある。

    誰かが必要とするから
    出会いたいと強く願うから
    その波に反応して
    私という波は粒子として顕在化する。

    この一冊の本を通じて とてつもなく
    大きなことを教えられたような気がする。

    爽快なエンディングに心からの喝采を。

    私は強く望む。マレ・サカチに出会うことを。
    そうすればいつか 彼女は私の前に現れるのだから。

    出会うことの本当の意味。教えてくれてありがとう。

  • 量子力学をテーマにしたSF仕立てですが、生きるっていうことを追求していくような話になってる。全世界的にテロと経済崩壊が連鎖していく未来像が、なんだかとてもリアルに感じる。いつどこに跳ぶかわからない主人公のごとく、物語もあちこちに跳ぶ。そして徐々に結末に向かって収束していく。なかなかスリリングで目が離せない小説でした。

  • 慌ただしく節が変わる。
    まだ紡ぎ始められたドラマの途中で、愛を届けられたその直後に、お皿を渡されようとした直前に。
    タイミングは彼女とそのまわりの人々の心などお構いなしだ。
    が、彼女は呼ばれて移動していることに気づく。
    究極の引き寄せられ体質。
    人の思考が物理化されるのであれば、彼女の病は求める人の思考をキャッチしやすく影響されやすいーーしかも己の存在を一度ばらして届けるほどにーーということだろう。
    テロやら資本主義やら、現代のきな臭さで現実を構築しながら、祝祭という非日常も連続していく。テロも非日常か。
    稀という名のとおり、マレビトとして祝祭に呼ばれ続ける彼女。
    こんなところに物理学だけでなくちゃっかり民俗学まで。
    民俗学のマレビトもトリックスターも、量子病まではいかずとも、呼ぶ人がいて呼ばれてきているのかもしれないな。
    出会いまくりの彼女は、別れまくりでもある。
    人はたくさんの出会いをそのまま抱え続けることはできない。キャパオーバーでパンクしてしまう。
    だからこそ、手放すことを知らなければならない。受け入れなければならない。
    戦争で別れた夫を待ち続ける老婦人の
    「出会いは神様の意志。でも、再会は人間の意志」
    という言葉が、忘れがたい。

    人の意識をネット上にのせて、新たなユートピアとする話は、エヴァの人類補完計画しかり、マトリックスしかり、いつか実現しそうな話ではあるが、同時に現実世界に残ったサーバーの管理者が神となるのだから、同じ人間に五感も運命も握られるというのは、私には恐ろしくてたまらない話だ。
    おまけに、一度いったら戻ってこられない、有機物として現実に存在する体がないから出てこられないというのは、それもそれで魂の、意識の牢獄だ。
    電源が落ちてサーバーがダウンしたら、人類の終わりだ。
    ネット人口が増えすぎて、サーバーダウンの危機、とか、将来的にはそんな問題も発生するのだろう。
    また、サーバーに移された彼女は、すでに本体とは違う記憶を有していた。
    わずかでも異なる記憶を持つものは、すでに同一とは言えず、異なる記憶ゆえに導き出される結論もいずれ異なることが予想される。
    己は同一であり、同時に異次元に存在しながら引き継がれることは無理なのだ。
    それこそ脳みそを移植するくらいでなければ。
    人の構築した世界に己を委ねるのは恐ろしい。

    それでも、物語があれば人は乗ってしまうのだろうか。
    エントロピー(揺らぎ)のない人生に楽しみなどない。

    さて、彼女の病は彼女の一番会いたい人のところへも、再び導いてくれるだろうか。

  • マレ・サカチのたったひとつの贈物 / 王城夕紀著
    https://libopac.shoin.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB00046364

  • 2020.5.31

  • 『青の数学』に続き、王城作品三作目。すべての本読みの心の内を的確に表した作品。私たちは物語(小説)を求め続ける限り、何処へでも行ける——そう確信する作品でした(^^ 星四つ半。

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

一九七八年八月、神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。二〇一四年、第十回C★NOVELS大賞特別賞を受賞した『天盆』(「天の眷族」を改題)で鮮烈なデビューを飾る。著書に、奇病に冒され、世界中を跳躍し続ける少女の青春を描いた『マレ・サカチのたったひとつの贈物』(中央公論新社)、本の雑誌社『おすすめ文庫王国2017』でオリジナル文庫大賞に輝いた『青の数学』(新潮文庫nex)がある。

「2018年 『マレ・サカチのたったひとつの贈物』 で使われていた紹介文から引用しています。」

王城夕紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
米澤 穂信
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

マレ・サカチのたったひとつの贈物 (中公文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×