富士 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
4.80
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (686ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122066250

作品紹介・あらすじ

悠揚たる富士に見おろされる精神病院。時に入り交じり、時に入れ替わる人間の「狂気」と「正常」の謎に挑み、深い人間哲学をくりひろげる武田文学の最高傑作。自作解説、連載担当者・村松友視によるエッセイ、堀江敏幸の解説を収録する増補新版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 新装版で再読。
    本書はかなりクォリティの高い『幻想小説』でもある……と思っているのだが、賛同してくれる人はいるのだろうかw

  • 「戦時下」の「富士山麓」の「精神病院」を舞台に設定し、描かれた小説。武田泰淳の代表作と評される小説で、「狂気とは何か」「性欲とは何か」「この世に生まれ死んでいくということはどういうことなのか」等、人間の根源に迫る問いを発する小説となっている。テーマは難解も、「登場人物間の対話」が魅力的で、かつ事件も複数発生し、多くの人が死んでいく。さながら、ドストエフスキーの世界にも似た世界も、東洋風曼陀羅の世界。武田泰淳の富士山荘の実体験も反映されており、武田百合子氏の富士日記に書かれている犬の死も百合子氏とともに出てくる。主人公の名前の大島も、もともとは武田泰淳のもとの姓。武田ファミリーの世界を知っている人たちには、より身近に感じられる世界でもある。描かれている世界は、「仮想世界」で奥深いが、「遊び」があり、それがこの小説をより現実世界に近いものに感じられるようにしている。一生の中で必ず読んでおいた方がいい本の中の1冊。

  • 悠揚たる富士に見おろされる精神病院を舞台に、人間の狂気と正常の謎にいどみ、深い人間哲学をくりひろげる武田文学の最高傑作。〈解説〉堀江敏幸

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

一九一二(明治四十五)年、東京・本郷の潮泉寺住職大島泰信の息子として生まれる。旧制浦和高校を経て東大支那文学科を中退。僧侶としての体験、左翼運動、戦時下における中国体験が、思想的重量感を持つ作品群の起動点となった。四三(昭和十八)年『司馬遷』を刊行、四六年以後、戦後文学の代表的旗手としてかずかずの創作を発表し、不滅の足跡を残した。七六(昭和五十一)年十月没。七三年『快楽』により日本文学大賞、七六年『目まいのする散歩』により野間文芸賞を受賞。『武田泰淳全集』全十八巻、別巻三巻の他、絶筆『上海の蛍』がある。

「2018年 『新・東海道五十三次』 で使われていた紹介文から引用しています。」

武田泰淳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サン=テグジュペ...
イアンマキューア...
アゴタ クリスト...
遠藤 周作
ウンベルト エー...
トルーマン カポ...
安部公房
ヴィクトール・E...
スタニスワフ・レ...
ポール・オースタ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×