新・東海道五十三次 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (353ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122066595

作品紹介・あらすじ

江戸時代、京都まで徒歩で十三日間掛かった東海道五十三次の旅。時は、一九六八年、妻・百合子夫人の運転する車の助手席に乗り込み、東海道を何度も行き来しながら、作家が見た風景、考えたこととは。名所見物や名物の楽しみ、歴史的考察を交えつつ綴る弥次喜多夫婦道中記。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 武田泰淳 武田百合子 「新東海道五十三次」 夫婦の東海道ドライブ旅行記。夫婦の幸せな日常を細かく描写した私小説風。

    旅した土地を取材するというより、その土地で著者が目付けしたもの、それに対する奥さんの反応〜夫婦の日常の滑稽な会話を記録している感じ。

    子供が大きくなってからの 夫婦の幸せとは こういうことなのかもしれない。再読したい

  • 妻の運転でたどった五十三次の風景は――。自作解説「東海道五十三次クルマ哲学」、武田花の随筆「うちの車と私」を収録した増補新版。〈解説〉高瀬善夫

  • 武田泰淳のエッセイは軽妙で面白おかしいものが多いが、本書はその到達点ではないだろうか。
    自家用車で旅行といっても、この当時のそれは随分とのんびりしていて、風情がある気がする。何しろ東名高速が全線開通とか何とか言ってる時代の話だものw
    ※当たり前だが、『新』東名ではない。
    それにしても、序盤で、『女のドライバーはどうもなぁ』とくさしておきながら、いざ車を買って百合子夫人に運転を任せてみると、あっという間に手のひらを返す辺り、武田泰淳、色々と面白い人であるw

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

一九一二(明治四十五)年、東京・本郷の潮泉寺住職大島泰信の息子として生まれる。旧制浦和高校を経て東大支那文学科を中退。僧侶としての体験、左翼運動、戦時下における中国体験が、思想的重量感を持つ作品群の起動点となった。四三(昭和十八)年『司馬遷』を刊行、四六年以後、戦後文学の代表的旗手としてかずかずの創作を発表し、不滅の足跡を残した。七六(昭和五十一)年十月没。七三年『快楽』により日本文学大賞、七六年『目まいのする散歩』により野間文芸賞を受賞。『武田泰淳全集』全十八巻、別巻三巻の他、絶筆『上海の蛍』がある。

「2018年 『新・東海道五十三次』 で使われていた紹介文から引用しています。」

武田泰淳の作品

ツイートする
×