クーデターの技術 (中公文庫)

  • 中央公論新社
2.80
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (445ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122067516

作品紹介・あらすじ

19世紀から20世紀にかけての欧州の事例を、ルポルタージュの手法も用いながら解析した本書は、原著刊行から百年近く経つ現時点においても、さまざまに研究されており、また、現実政治の動きを見るなかでつねに参照される名著である。いかに国家権力を奪取し、またいかにそれを防御するかについて歴史的分析を行うとともに、引き起こす人間の人物論や心理状態の描写も豊富に含んだ、まさに古典中の古典といえるこの著作について、現代的観点から全貌を新訳した中公選書版にもとづき、註釈を増やしてより理解しやすくした文庫版がここに登場。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • こうも続けざまに権力掌握の話を読んでいると、カンタンに体制を変えられるようなそんな気がしてしまう。
    こうして僕は毎日が革命前夜のような気がして、いつでも情勢を見誤ってしまう。

  • 記述が散漫な感じかな。あまり響かなかった。

  • 読みづらい訳。トロツキーが、政府機関でなく、国民生活に必須の主要な機関を、組織された精鋭で攻撃した事実に感心した。

  • いかに国家権力を奪取し、いかにそれを防御するかについて歴史的分析を行うとともに、引き起こす人間の人物論や心理状態の描写も豊富に含んだ古典的名著。

  • タイトルに何となく惹かれて購入(惹かれるようなタイトルか?)。
    クーデターという政治手法のノウハウを歴史とともに論じているが、読み物として純粋に面白い。内容の性格上、歴史的に『禁書』とされることが多かったというのも、なかなかユニークな存在であろう。また、同時代人としてのヒトラー評(ムッソリーニ評も)はなかなか興味深い。
    因みに本書を刊行したせいで、著者はかなり散々な目に遭っている。まぁ、焚書坑儒の対象になる本の著者がどういう目に遭うか……という歴史を考えてみると、『この本が嫌いだ、憎い』と公言したくもなるだろう。読んでる方はお気楽なものだが……。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

クルツィオ・マラパルテ

イタリア人の作家。父はドイツ人で本名はKurt Erich Suckert.早熟な政治少年で、16歳のとき義勇兵として第一次大戦に参加した。1922年、ファシストのローマ進軍に参加し、1924年にファシスト左派の立場から『国家の征服』誌を創刊。「ファシズム側の最も手ごわいペン」と評される雑誌に成長させた。以後、『ノベチェント』『フィエーラ・レッテラーリア』『スタンパ』等、雑誌・新聞の編集長を務め、両大戦間の文学界、ジャーナリズムに重きをなす。1933年、『クーデターの技術』(1931年刊、本書)がヒトラー攻撃の書として物議を醸して逮捕、流刑となる。後年には、同時代の動乱のなか、左右を問わず自由の敵を批判し、その手法を厳しく論じる立場となり論壇に重きをなした。

「2019年 『クーデターの技術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

クルツィオ・マラパルテの作品

クーデターの技術 (中公文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×