蓬莱島余談-台湾・客船紀行集 (中公文庫 う 9-16)

著者 :
  • 中央公論新社
3.43
  • (0)
  • (6)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 86
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122071650

作品紹介・あらすじ

台湾はいつでも小鳥が啼いている。お正月に朝顔が咲き出す。まあ一ぺん来て御覧なさい――一九三九年十一月、精糖会社で専務を務める友人に招かれ、鉄路で縦断した台湾紀行をはじめ、日本郵船の嘱託として主宰した船上座談会など、太平洋戦争開戦前夜の客船周遊記を集成。文庫オリジナル。

〈解説〉川本三郎


(目次より)



不心得/大和丸/東支那海/屏東の蕃屋/小列車/基隆の結滞/時化/砂糖黍/玄冬観桜の宴/バナナの菓子/蟻と砂糖/戻り道/船の御馳走/航路案内/迎暑/神風機余録/蕃さんと私/



当世漫語(昭和十四年十二月)/蓬莱島余談(昭和十五年七月)



波光漫筆 鎌倉丸周遊ノ一/入船の記 鎌倉丸周遊ノ二/三ノ宮の乞食 鎌倉丸周遊ノ三

/風穴 鎌倉丸周遊ノ四/山火事/流民/岸壁の浪枕/出船の記/門司の八幡丸/タンタルス/波のうねうね



新造/婦人接待係/沖の稲妻/虎を描いて/狗に類する/しっぽり濡るる

〈解説〉川本三郎

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 百閒先生は鉄道ばかり乗っていると思っていたので、客船の話がたくさんあることに少々驚いた。
    『阿房列車』の筆致そのままの本紀行集は、百閒先生が日本郵船の嘱託社員をしていた時の記録である(解説では『阿房列車』ならぬ『阿房船』とあり膝を打った)。

    前半は百閒先生が神戸から船に乗って初めて台湾に行く話。基隆から台北に向かい、台南へ行く。
    後半は鎌倉丸や氷川丸などの大型客船に乗船し、鎌倉から神戸、神戸から門司や下関へ行って帰ってくる話。

    友達と明石ノ浦から須磨ノ浦まで波打ち際を歩いたり、神戸のオリエンタルホテルに宿泊したりと、知っている場所がぽんぽん出てくるので、情景が頭に浮かんで楽しかった。

    わたしも船が好きだ。
    国内は瀬戸内海や沖縄で、海外ではギリシャやカナダで船に乗った。
    まだ暗いうちから乗船した大型船、秘密の花園に向かう船、このまま天国行きじゃないかと思うほど恐ろしく揺れた高速船。どれも思い出深い。

    百閒先生の船旅は、特別ステキな出来事が起こるわけではない。けれど、読み始めたらやみつきになる。

    出帆の前日から特別に船に乗せてもらう。豪華な食事や麦酒を楽しむ。ベッドに横になり船の揺れに身を任せる。甲板で白波が砕け散るのを眺める。どこかへ寄港しても下船せず客室で時間を空費する。

    船で見聞きしたことをそのまま(時には正直に忘れてしまったと)書いており、肩の力を抜いて楽しむことができた。

    p64
    私は食いしん坊であるが、食べるのが面倒である。御馳走のないお膳はきらいだが、そこに有りさえすれば無理に食べなくてもいい。

  • 一冊まるごと台湾への船旅の話かと思ったら、意外とその分量は少なく、あとは国内での船旅の様子だった。当時の日本の雰囲気が伝わってきたし、百閒さんの飄々と悠々として率直で人を食った感じの、他人とは一味違う行動が面白かった。船旅がしてみたくなった。

  • 随筆一つ一つは当然百間らしさは出ているのだか、通して読むと内容が重複する部分が多く、編集部が台湾つながりと旅客つながりの随筆を手当たり次第にまとめた、という感じが否めない。

    他の方が書かれているが、台湾には一度十日間程行っただけだし、旅客も日本郵船の顧問であった割には乗船回数は多くはない。百間は飛行機にも縁があるわけだし、鉄道以外の乗り物紀行集、とより間口を広げれば良かったのに、と感じた。

    喜久屋書店阿倍野店にて購入。

  • 編集付記にあるとおり、本書は著者の台湾紀行と日本郵船時代の船旅にまつわるエッセイを独自に編集し一冊とした文庫オリジナル作品である。太平洋戦争開戦前夜の客船周遊記は、出際に神戸で首尾よく麦酒が飲めるかどうかという話で始まる。結滞の発作をかかえたままの約9日間の台湾紀行には、観光名所的な紹介はあまりないが、時代と土地の空気がしっかりと感じられる。
    「だから内証だが、台湾はいい所だと思った。非常にいい風が吹く。」

  • 百閒が台湾を旅したときの紀行文かと思いきや、ほとんど台湾は出てこない(笑)。台湾が恋しいときは別の本を読むとして、この本では百閒節を味わえばいいと思う。

    旅行が特に好きじゃない百閒は、目的地に着いても下船しないし、頭の中は常に麦酒(ビール)のことでいっぱい。だから話は船内での同行人やボイ(ボーイ)とのやりとりが大半を占めている。

    大きい船をつくって他国を圧倒し、領土を広げることが正義だった時代の船の様子や、接客の作法などが興味深い。

  • 客船の体験を述べた随筆が中心ですが「台湾紀行」「国内のクルージング」「日本郵船の客船を使って行われた文士達の船上座談会」ーーという話が収録されてます。
    日本郵船の嘱託員として働いていた時期が時期だけに、太平洋戦争開戦前の気配を感じつつ、でも飄々とクルージングと豪華な食事と麦酒を堪能してる百閒先生の筆致は素敵です。
    たまに、その飄々としている描写の中で一瞬、怪異と繋がったかのようにゾッとする表現がしれっと混ざるのもまた味わい深い……。

  • 台湾へもう一度行き度くて夢に見る様である――友人に招かれ鉄路で縦断した台湾をはじめ、日本郵船での太平洋戦争直前の客船紀行を集成。〈解説〉川本三郎

  • ほとんど読んだことがあった。
    台湾も一回、10日ぐらい行っただけだし。
    戦前の郵船の嘱託だった割には船に乗った数は少なく、後年の阿房列車に比べると物足りない。

全9件中 1 - 9件を表示

內田百閒の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×