僕たちは編集しながら生きている (マーブルブックス)

著者 :
  • 中央公論新社
3.43
  • (12)
  • (12)
  • (42)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 140
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (209ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784123900638

作品紹介・あらすじ

この時代をサヴァイヴァルするための、「生活編集術」と「編集生活術」。編集者・後藤繁雄が主宰するワークショップ「スーパースクール」の講義を完全収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 学生のときに買ったっきりずっと積ん読だったシリーズ。今になってざっくり読む。八年前とも思えないような中身もちらほら。
    買ったときにちゃんと読んどけばまた違ったかもなぁ。

  • 僕たちは編集しながら生きている、
    まさにそうだと思います。

    自分という人間の体が、口に入れたものでできているように、
    取り入れた情報、
    見聞きしたこと、
    出会った人、
    過ごした時間、
    考えたこと、
    その一つ一つが自分をつくっていきます。

    編集者というのは、何も本や雑誌を生み出す人だけではないでしょう。

    生活を、自分を、きちんと編集できているか、
    そう考えると楽しみなことも多いです。

    編集術としてインタビューの心得やワークショップの開催方法などもありますが、
    これらも、日常の出会いや人との会話をどうやって豊かにするか
    というものに近いです。

    生活することそれ自体が、編集することなのだという視点で読みたい1冊です。

    “この本のタイトルもそうですけれども、私は生きること自体が「編集」だなってすごく思っているんです。自分が気持ちいいと思う暮らしを選んでいくこと。それは誰もが許されていることであって、同時に、重要なことだと思います。”

  • 日々勉強しかないという現実。

  • 著者が主催する編集塾「スーパースクール」の講義録。編集者になる為というよりも、いかに自分に与えられた人生をよりよく生きるにはという視点のヒントになる本。この時代をサバイバルするための「生活編集術」と「編集生活術」です。

  • 知人がスーパースクール出身というのをきき(本書にもでてる)
    読んでみました

    あーなるほどなるほどと その人をみて思う

  • 編集という仕事に就いたものの、
    もやんもやんしていましたが、

    やっぱりもやんもやんしたものなんだと、
    安心しました。



    ただ、そのもやんもやんは、
    言語化しておいた方がすっきりするということがわかりました。

  • 独学者であれ。
    答える力より問う力を磨くこと。
    あきらめなければ、何が起きるかわからない。
    負けなければ勝ったことになる。
    自分を信じろ。
    動かないと堕落する。
    天国の未知を知りたく場、地獄の道を熟知せよ。

  • 非常に読みたい。優先度高い。

  • 価値とは、力
    価値を作っていく。他と差別化する「編集力」で差をつけ、
    価値の転覆 cf. パンク(ヴィヴィアンウェストウッド&マルコムマクラレン)
    価値はどのようにして決まるのかということを知った上で、勝負に出て行く勇気
    編集とは、コトバとビジュアルを「組み合わせ」て、より「価値」の高い情報へ加工していくための技術

    編集を考えるときの価値のベクトル
    エクスタシー(官能)
    オブセッション(妄想)
    エスケイプ(脱自)
    アウトサイダー(他者)
    ストリート(外へ)
    アンビエント(環境)
    アタラクシア(快適)
    シンクロニシティ(共益性)

    小器用に編集の技術を学ぼうとする前に「伝える」こいうことをもっとロマンティックに捉えることが必要
    手紙を書く時に、どんな紙で、どんな字で、どんなタイミングで、人に送るかを考えることと同じで、自分の恋を成就させたいのであれば、ただ一方的な想いの強さだけではなく、相手に分かってもらえる工夫を考える。封筒に、小さな葉っぱが入っていて、そこに「Love」とだけスタンプされていてもいい

    編集という術は、いかに「異質性」をつくり、「力」や「美」を生み出すかという技術だと思う
    メディアはメッセージである(マーシャルマクルーハン)
    メディアの特性を掴むということ、メディアの機能以上に、メディアのテクスチャーに敏感たれ

    価値が変動する時代に、編集という技術を使い、コミュニティをつくったり、表現者として生きていったり、つまり、「どう生きていくのか」

    バブルがはじけ、垂直的な差別力は失効した→水平力 コトバで論理化して判断するのではなく、気持ち良さを重視していくこと
    共感モデル いかに微妙なことに厳密になれるか

  • 生活編集術をみにつけよう。
    生活とは時間と空間を編集すること。人生とは自分を編集すること。編集という言葉は、人間にとって本質的で非常に汎用性の高いものだ。
    生活編集術があれば、日々がきっと楽しくなる。
    そんなことを教えてくれた大切な1冊です。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

編集者・クリエイティブディレクター、アートプロデューサー、京都造形芸術大学教授。1954年大阪府生まれ。坂本龍一、細野晴臣、篠山紀信、荒木経惟、蜷川実花、名和晃平らのアーティストブック、写真集を編集。展覧会のキュレイション、若手アーティストの発掘・育成・サポート、アートスタッフの育成などにも力を入れ、幅広く活躍している。

「2019年 『現代写真アート原論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

後藤繁雄の作品

僕たちは編集しながら生きている (マーブルブックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする