青果店「築地御厨」直伝 野菜の選び方、扱い方。―料理上手の基礎知識 (MARBLE BOOKS)

著者 :
  • マーブルトロン
3.65
  • (8)
  • (9)
  • (19)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 138
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784123901826

作品紹介・あらすじ

日本が誇る有数のレストランに、無肥料無農薬野菜を中心に卸す青果店「築地御厨」。築地御厨代表・内田悟さんが主宰する「やさい塾」が教える、おいしい「野菜選び」と「扱い方」を一冊にまとめました。スーパーシェフのレシピ集も教えてくれない、大事な「基礎知識」をプロ中のプロが教えます。例えば、トマトは小さくても重いものを選ぶ、春と秋では同じ大根でも切り方、火入れの仕方が違う…などなど。肉や乳製品を一切使わず野菜の旨みを味わいつくす厳選レシピもご紹介。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 実用的ではなかった。スーパーで買うときの参考になればと思ったが使えないことばかりで残念

  • ちゃんとおいしく贅沢に、野菜が食べたい!
    安く買ったものを食べきるまで何でも冷蔵庫に放り込んでチビチビ消費する、
    貧乏な私の心に、憧れが広がった。

  • 請求記号・596.3/Ue 資料ID・100051367

  • 店内にあります、是非 読んでみてください。

  •  野菜に魅せらて27年。無肥料無農薬野菜を各地の名レストランに卸す青果店「御厨」の代表が、本業の傍ら開講している「やさい塾」。本書はその教えに沿って、目利きの眼を通した選び方、扱い方を一冊にまとめた。3月の春野菜から2月の冬野菜まで、各月ごとに旬の野菜が1〜3点ずつ取り上げられる。12月、白菜の頁にはロールハクサイのコロッケ…。自然の旨みを味わいつくすレシピも紹介されている。

  • 日本一の青果店ともいわれる「築地御厨」の内田悟氏の著書。
    野菜のみずみずしさ、大地の栄養分を濃縮したうまみを、美しいビジュアルイメージに閉じ込めた美味しい野菜図鑑。
    同じ野菜でも時期によって切り方をかえるだけで、おいしさが違ってくるという事実にびっくり。ほうれん草は包丁ではなく、手でちぎるのがいいらしい。
    野菜ピューレやベジブロス(野菜コンソメ)を常備しておくことで、簡単な料理もビストロの味に大変身。
    あとは、実践あるのみ。。。

  • 野菜選びのノウハウ本というよりも野菜選びの目利きが説く食に対する心構え的な一冊。食に携わる人、食に関心の高い人、食を楽しみたい人は必読ではないかと思える一冊でした。著者の内田さん、編集者さん、出版社さん、いい本をありがとう!

  • 料理する人も、野菜をつくる人にもバイブルになる本です。
    少なくとも僕はこの本でもっともっと料理が楽しくなった!

  • ひとつひとつの野菜のことを丁寧に書いている。
    野菜って生きてるんだな〜と思った1冊。

  • 新鮮な胡瓜は修復力がすごいんだそうだ。折ってもくっつくんだって。今度試してみよう。美味しい野菜が食べたくなるなぁ。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1955年、北海道生まれ。築地御厨店主。フランス料理店で修行中に野菜への関心を深め、青果納品業に勤務などを経て、2005年、レストラン専門青果店「築地御厨」を創業。素材にこだわるレストランにおまかせで注文を受けるほど信頼できる青果店として評判を呼んでいる。

「2017年 『ニッポンの地方野菜』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田悟の作品

青果店「築地御厨」直伝 野菜の選び方、扱い方。―料理上手の基礎知識 (MARBLE BOOKS)を本棚に登録しているひと

ツイートする