吾妻鏡(上)―マンガ日本の古典 (14)

著者 : 竹宮恵子
  • 中央公論社 (1994年12月1日発売)
3.50
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 21人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784124032925

吾妻鏡(上)―マンガ日本の古典 (14)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ☆信州大学附属図書館の所蔵はこちらです☆
    http://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BN11911774

  • 鎌倉幕府の公用記録書である『吾妻鏡』を武宮惠子さんがまんが化したもの。

    この巻は1180年に以仁王の令旨が伊豆の北条館に届くところから、源平合戦で平家が源氏に敗れた一ノ谷の戦いまででした。

    らじは『平家物語』を何度か読んでいるから、このあたりの動きはそれなりにわかる。

    ただ、平家物語とは違って源氏サイドから見た流れも書かれているので、照らし合わせて読むと面白いと思いました。

  • 1994.12.22購入
    (「BOOK」データベースより)amazon
    以仁王、源頼政の挙兵から六代将軍宗尊親王の京都送還まで、八十年余りにわたって鎌倉幕府の事蹟を記す『吾妻鏡』。変則的な漢文体で書かれたこの公用記録書を、コミック界きってのストーリーテラーが物語化。躍動感あふれるタッチで中世武家社会を描き、源頼朝の実像に迫る。平成九年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞受賞。

  • 2004年7月29日

全4件中 1 - 4件を表示

吾妻鏡(上)―マンガ日本の古典 (14)のその他の作品

竹宮恵子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

吾妻鏡(上)―マンガ日本の古典 (14)はこんな本です

ツイートする