感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【小池博明先生】
    古典は面白いお話であふれています。でも、原文で読むのは難しい。現代語訳もいろいろ出ていますが、源氏物語のように、現代語訳を読んでもなかなか理解が難しいものもあります。
    だからといって古典を捨ててしまうのも、アニメやマンガが大好きな、お話好きな人にはもったいない。というわけで、ともかく面白いお話を知りたいという人に、古典作品を20あまりマンガ化した、「マンガ日本の古典」をお薦めします。
     アニメ・マンガをはじめ映画やドラマが好きな人、つまりお話が好きなは、ぜひ読んでみてください。マンガやラノベ、映像の創作にも、きっと参考になりますよ。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

石ノ森章太郎

一九三八年(昭和一三)、宮城県生まれ。高校在学中に『二級天使』でデビュー後、一貫して日本漫画界の第一人者として活躍。代表作に『サイボーグ009』(講談社児童まんが賞)、『佐武と市捕物控』(小学館漫画賞)、『マンガ日本経済入門』、『マンガ日本の歴史』全五五巻(アジア漫画大会漫画アカデミー賞大賞)、『マンガ日本の古典1 古事記』など多数。一九九八年(平成一○)一月死去。

「2021年 『新装版 マンガ日本の歴史12 自立する戦国大名の台頭』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石ノ森章太郎の作品

ツイートする
×